ブログアーカイブ

サービス インストーラーの作成


サービス アプリケーションにインストーラーを追加する

Visual Studio 2015 に Microsoft Visual Studio 2015 Installer Projects を追加します。

  • Windows サービス プロジェクトを作成します。
  • ソリューションエクスプローラー の 新しいプロジェクト – その他のプロジェクト – Visual Studio Installer – Setup Project を選択して追加します。
  • インストーラーを追加します。
  • ソリューションエクスプローラー ProjectInstaller を選択、ビューデザインを選択します。
  • serviceInstaller1 を選択します。Descriptionにサービスの説明、DisplayName に サービスの表示名、ServiceNameにサービスの名前を入力します。管理ツールでサービスを起動させたとき、DisplayName が一覧に表示されます。また sc query [ServiceName]となります。StartType は [Automatic – 自動], [Manual – 手動], [Disabled – 無効]に対応します。DelayedAutoStart を True に設定すると 自動遅延 になります。
  • serviceInstaller1 を選択します。Account 項目を設定ます。
  • セットアッププロジェクトを選択して、Add – プロジェクト出力 – プライマリ出力を選択します。
  • ソリューションをビルドします。セットアッププロジェクトを選択して、「インストール」、「アンインストール」を行って正しく動作するか確認します。
広告

InstallShiled Limited Edtion で Windows サービス のインストーラーを作成


InstallShiled Limited Edtion で Windows サービス のインストーラーを作成する手順です。

  1. InstallShiled Limited Edtion Project を追加します。ソリューションエクスプローラで Project Assistant の Application Files を選択します。Add Project Outputs をクリックして プライマリ出力をチェックします。
  2. 2.Specify Application Data の Files を選択して Destrination computer’s files の (ProjectName).プライマリ出力 を右クリックします。Properties を選択して COM & .NET Settings タブの Installer Class をチェックします。

次のいずれかの作業を行います。


3.Configure The Target System の Services を選択します。Services を右クリックして Add Service を選択します。ProgramFilesFolder – (ProjectFolder) – My Project Name – (ProjectName).プライマリ出力 を選択します。各項目を設定ます。Local System アカウントの場合は User Name を空欄のままにします。


Windows Service プロジェクトに インストーラークラス を追加します。次のようなコードを InitializeComponent(); の下に追加します。


            ServiceInstaller si = new ServiceInstaller();
            ServiceProcessInstaller sp = new ServiceProcessInstaller();
            sp.Account = ServiceAccount.LocalSystem;
            this.Installers.Add(sp);

            si.StartType = ServiceStartMode.Automatic;
            si.ServiceName = "";
            si.DisplayName = "";
            si.Description = "";
            // si.DelayedAutoStart = true;