ブログアーカイブ

PS/2 デバイスでエラー


Toshiba Dynabook, Windows 8/8.1 で デバイスマネージャーの “キーボード” – “標準 PS/2 キーボード (Standard PS/2 Keyboad)”、”マウスとそのほかのポインティングデバイス” – “Synaptics PS/2 Port Touch” に ! 警告のアイコンが表示される

Synaptics PS/2 Port Touch は Error code 10 (リソースが不足するため、API を終了できません)、 Standard PS/2 Keyboad は Error code 19 (レジストリ内の構成情報が不完全であるか、または壊れているためこのハードウェア デバイスを開始できません。 (コード 19)) が表示されます。

Standard PS/2 Keyboad の 問題コードに C0000034 (オブジェクトが見つかりません, または 致命的なエラー) が表示されます。


Toshiba Flash Cards Utility をインストールしていない状態で HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Class\{4d36e96b-e325-11ce-bfc1-08002be10318}\UpperFilters に CeKbFilter が存在する場合に発生します。REG_MULTI_SZ(複数行文字列値)なので CeKbFilter を含む行を削除します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\i8042prt\Owners, HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\kbdclass\Owners に cekbを含むinf が存在する場合は、その行を削除します。

キーボードとタッチパッドが使えるようになりました。

デバイスのエラーが発生する場合、HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\cdrom の UpperFilters 以外に HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Class\{GUID}\UpperFilters も確認してください。エラーの解決につながります。

Windows 8 に対応した Toshiba Flash Cards Utility は 日本向けのサイトでは ダウンロードできますが、国外のサイトでは 紹介されていませんし、見つかりません。Windows 7 に対応したものは Toshiba Value Added Package に含まれています。

Toshiba LaLaVoice のセットアップ


Toshiba LaLaVoice を再インストールする際に、「同じバージョンの音声システムがすでにインストールされています。」と表示される。

LaLaVoice のインストール情報がないことを確認して、次のキーを削除します。

  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\TOSHIBA\Speech System
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\TOSHIBA\Speech System NLS

setup.exe を実行すると、SpchApi.exe が呼び出され、%systemroot%\Speech フォルダーにファイルが作成されます。また %systemroot%\inf に spchapi.ini がコピーされます。

Toshiba Speech System NLS TTS Engine(U.S.), TOSHIBA Speech Engines, TOSHIBA Speech System MT Engine もインストールされます。