ブログアーカイブ

Windows Update (KB2975719)


Windows 8.1 x64 Update 1 で Windows Update (2014-08) を実行したところ、起動しなくなりました。また別のPCはインストールできませんでした。

KB2975719 (オプション) を適用しようとしたところ、この問題が発生しました。Windows Update を実行した後に再起動するとブルースクリーン(BSOD)が表示され、0%で終了してすぐにスタートアップ修復ができないと表示されました。復元ポイントを使用して修復することになりました。KB2975719 をダウンロードして手動でやり直してもスタートアップ修復で修復できない状態になりました。

コンポーネントストアに何らかの原因があるために発生したものと思われますが、こちらのPCでは KB2934018 を適用した時よりも深刻な状態になりました。


%SystemRoot%\System32\LogFiles\Srt\SrtTrail.txt

スタートアップ修復の診断および修復ログ
—————————
前回正常ブート時刻: ‎2014/‎08/‎14 10:04:32 (GMT)
修復の試行回数: 1セッションの詳細
—————————
システム ディスク = \Device\Harddisk0
Windows ディレクトリ = C:\WINDOWS
AutoChk 実行 = 0
根本的な原因の数 = 1実行されたテスト:
—————————
名前: 更新プログラムの確認
結果: 正常に完了しました。エラー コード = 0x0
所要時間 = 0 ミリ秒実行されたテスト:
—————————
名前: システム ディスク テスト
結果: 正常に完了しました。エラー コード = 0x0
所要時間 = 0 ミリ秒実行されたテスト:
—————————
名前: ディスク エラー診断
結果: 正常に完了しました。エラー コード = 0x0
所要時間 = 16 ミリ秒

実行されたテスト:
—————————
名前: ディスクのメタデータ テスト
結果: 正常に完了しました。エラー コード = 0x0
所要時間 = 78 ミリ秒

実行されたテスト:
—————————
名前: ターゲット OS のテスト
結果: 正常に完了しました。エラー コード = 0x0
所要時間 = 297 ミリ秒

実行されたテスト:
—————————
名前: ボリューム コンテンツの確認
結果: 正常に完了しました。エラー コード = 0x0
所要時間 = 1219 ミリ秒

実行されたテスト:
—————————
名前: ブート マネージャーの診断
結果: 正常に完了しました。エラー コード = 0x0
所要時間 = 0 ミリ秒

実行されたテスト:
—————————
名前: システム ブート ログの診断
結果: 正常に完了しました。エラー コード = 0x0
所要時間 = 0 ミリ秒

実行されたテスト:
—————————
名前: イベント ログ診断
結果: 正常に完了しました。エラー コード = 0x0
所要時間 = 156 ミリ秒

実行されたテスト:
—————————
名前: 内部状態の確認
結果: 正常に完了しました。エラー コード = 0x0
所要時間 = 31 ミリ秒

実行されたテスト:
—————————
名前: ブート状態のテスト
結果: 正常に完了しました。エラー コード = 0x0
所要時間 = 47 ミリ秒

実行されたテスト:
—————————
名前: セットアップ状態の確認
結果: 正常に完了しました。エラー コード = 0x0
所要時間 = 813 ミリ秒

実行されたテスト:
—————————
名前: レジストリ ハイブ テスト
結果: 正常に完了しました。エラー コード = 0x0
所要時間 = 8937 ミリ秒

実行されたテスト:
—————————
名前: Windows ブート ログの診断
結果: 正常に完了しました。エラー コード = 0x0
所要時間 = 0 ミリ秒

見つかった根本的な原因:
—————————
ブートの重要なファイル c:\windows\system32\drivers\intelpep.sys が壊れています。

修復操作: ファイルの修復
結果: 失敗しました。エラー コード = 0xa
所要時間 = 14266 ミリ秒

—————————
—————————

c:\windows\system32\drivers\msisadrv.sys

この内容より intelpep.sys に問題が発生しています。amd64_intelpep.inf_31bf3856ad364e35_6.3.9600.17238_none_b59d0ec9fce2e963\, amd64_intelpep.inf_31bf3856ad364e35_6.3.9600.17031_none_b59608f7fce93db4\ では intelpep.inf に相違がみられます。

intelpep.sys のインストールに失敗している、デジタル署名に問題が発生している、または複合的な要因により起動できなくなっているのかもしれません。こちらのPCへのインストールは断念しました。

intelpep.sys [Intel Power Engine Plug-in] Instant Go で使用します。


  • スタートアップ修復で修復できないので復元ポイントで修復してその後適用したPC 2(Windows 8.1 x64 Update 1)はインストールが完了していないことが判明
  • 再起動後に 80% で Progress ring が数秒間停止したものの適用できたPC 3(Windows 8.1 x86 Update 1)

KB2975719 がオプションとなっている一因と思われます。

Windows インストーラーの情報が失われる。Windows Update の後の初回起動時に iTunesなどでWindows Installer のダイアログボックスが表示されます。その後は問題なく使用できます。


KB2975719 について 次のようなエラーが発生する事例が報告されています。

  • 2回再起動後にblack screenになる
  • Stop 0x50 エラーが発生する

2014-08-16 現在、一部の更新プログラムがWindows Updateから消えています。

広告

Visual Studio Express 2012 for Windows 8, System.ArgumentNullException


Visual Studio Express 2012 for Windows 8 で ItemsPage.xaml を開くと エラーが発生します

System.ArgumentNullException
Value cannot be null.
パラメーター名: key
at System.Collections.Generic.Dictionary`2.Insert(TKey key, TValue value, Boolean add)
at Microsoft.Expression.DesignModel.Metadata.PlatformMetadataBase.NewReplacedExternalType(PlatformMetadataBase platformMetadata, IPlatformTypes sourcePlatformTypes, IAssembly assembly, Type keyType, Type replaceType, ITypeId baseType, ITypeId neutralType, IXmlNamespace xmlNamespace, String clrNamespace, AttributeCollection attributes, ProxyPropertyDescription[] properties)
at Microsoft.Expression.DesignModel.Metadata.PlatformMetadataBase.NewReplacedExternalType(PlatformMetadataBase platformMetadata, IPlatformTypes sourcePlatformTypes, IAssembly assembly, Type keyType, Type replaceType, ITypeId baseType, ITypeId neutralType, IXmlNamespace xmlNamespace, String clrNamespace, ProxyPropertyDescription[] properties)
at Microsoft.Expression.WindowsXamlPlatform.WindowsUIXamlPlatformMetadata.OnInitialize()
at Microsoft.Expression.WindowsXamlPlatform.WindowsUIXamlPlatform.Initialize()
at Microsoft.Expression.Platform.PlatformCreatorBase.CreatePlatform(IPlatformReferenceAssemblyResolver referenceAssemblyResolver)
at Microsoft.Expression.DesignSurface.Project.ProjectContextBase.Initialize()
at Microsoft.Expression.DesignSurface.Project.XamlProjectContext.Initialize()
at Microsoft.Expression.DesignSurface.Project.ProjectContextManager.GetProjectContext(IHostProject project, IPlatform platform, Boolean create)
at Microsoft.Expression.DesignSurface.Project.ProjectContextManager.GetSourceItemContext(IHostSourceItem sourceItem)
at Microsoft.Expression.DesignSurface.DesignerService.CreateDesigner(IHostSourceItem item, IHostTextEditor editor, CancellationToken cancelToken)
at Microsoft.Expression.DesignHost.Isolation.Remoting.RemoteDesignerService.c__DisplayClass10.c__DisplayClass12.b__f(CancellationToken cancelToken)
at Microsoft.Expression.DesignHost.Isolation.Remoting.RemoteDesignerService.CallWithCancellation[TResult](IRemoteCancellationToken remoteToken, Func`2 func)
at Microsoft.Expression.DesignHost.Isolation.Remoting.RemoteDesignerService.c__DisplayClass10.b__e()
at Microsoft.Expression.DesignHost.Isolation.Remoting.ThreadMarshaler.c__DisplayClass16`1.b__15()
at Microsoft.Expression.DesignHost.Isolation.Remoting.STAMarshaler.Call.InvokeWorker()

System.ArgumentNullException
Value cannot be null.
Parameter name: key

Server stack trace:
at Microsoft.Expression.DesignHost.Isolation.Remoting.STAMarshaler.WaitForCompletion(NestedCallContext nestedCallContext, BlockingCall call, WaitHandle timeoutSignal)
at Microsoft.Expression.DesignHost.Isolation.Remoting.STAMarshaler.MarshalIn(Action action, Int32 targetApartmentId)
at Microsoft.Expression.DesignHost.Isolation.Remoting.ThreadMarshaler.MarshalIn(IRemoteObject targetObject, Action action)
at Microsoft.Expression.DesignHost.Isolation.Remoting.ThreadMarshaler.MarshalIn[TResult](IRemoteObject targetObject, Func`1 func)
at Microsoft.Expression.DesignHost.Isolation.Remoting.RemoteDesignerService.Microsoft.Expression.DesignHost.Isolation.Remoting.IRemoteDesignerService.CreateDesigner(IRemoteHostSourceItem remoteItem, IRemoteHostTextEditor remoteEditor, IRemoteCancellationToken remoteToken)
at System.Runtime.Remoting.Messaging.StackBuilderSink._PrivateProcessMessage(IntPtr md, Object[] args, Object server, Object[]& outArgs)
at System.Runtime.Remoting.Messaging.StackBuilderSink.SyncProcessMessage(IMessage msg)

Exception rethrown at [0]:
場所 System.Runtime.Remoting.Proxies.RealProxy.HandleReturnMessage(IMessage reqMsg, IMessage retMsg)
場所 System.Runtime.Remoting.Proxies.RealProxy.PrivateInvoke(MessageData& msgData, Int32 type)
場所 Microsoft.Expression.DesignHost.Isolation.Remoting.IRemoteDesignerService.CreateDesigner(IRemoteHostSourceItem remoteItem, IRemoteHostTextEditor remoteEditor, IRemoteCancellationToken cancelToken)
場所 Microsoft.Expression.DesignHost.Isolation.Remoting.LocalDesignerService.c__DisplayClass8.b__6(IRemoteDesignerService d)
場所 Microsoft.Expression.DesignHost.Isolation.Remoting.ThreadMarshaler.c__DisplayClass4`2.b__3()
場所 Microsoft.Expression.DesignHost.Isolation.Remoting.STAMarshaler.Call.InvokeWorker()

System.ArgumentNullException
Value cannot be null.
Parameter name: key
場所 Microsoft.Expression.DesignHost.Isolation.Remoting.STAMarshaler.WaitForCompletion(NestedCallContext nestedCallContext, BlockingCall call, WaitHandle timeoutSignal)
場所 Microsoft.Expression.DesignHost.Isolation.Remoting.STAMarshaler.MarshalOutSynchronous(Action action, Int32 targetApartmentId, WaitHandle aborted, WaitHandle timeoutSignal)
場所 Microsoft.Expression.DesignHost.Isolation.Remoting.STAMarshaler.MarshalOut(Action action, Int32 targetApartmentId, WaitHandle aborted, CallSynchronizationMode syncMode, WaitHandle timeoutSignal)
場所 Microsoft.Expression.DesignHost.Isolation.Remoting.ThreadMarshaler.MarshalOut[TValue](RemoteHandle`1 targetObject, Action action, CallSynchronizationMode syncMode)
場所 Microsoft.Expression.DesignHost.Isolation.Remoting.ThreadMarshaler.MarshalOut[TResult,TValue](RemoteHandle`1 targetObject, Func`2 func, CallSynchronizationMode syncMode)
場所 Microsoft.Expression.DesignHost.Isolation.Remoting.LocalDesignerService.CreateDesignerImpl(IHostSourceItem item, IHostTextEditor editor, RemoteCancellationToken remoteCancelToken)
場所 Microsoft.Expression.DesignHost.Isolation.Remoting.LocalDesignerService.c__DisplayClass12.b__11(RemoteCancellationToken remoteToken)
場所 Microsoft.Expression.DesignHost.Isolation.Remoting.LocalDesignerService.CallWithCancellation[TResult](CancellationToken cancelToken, Func`2 func)
場所 Microsoft.Expression.DesignHost.Isolation.Remoting.LocalDesignerService.Microsoft.Expression.DesignHost.IDesignerService.CreateDesigner(IHostSourceItem item, IHostTextEditor editor, CancellationToken cancelToken)
場所 Microsoft.Expression.DesignHost.IsolatedDesignerService.IsolatedDesignerView.CreateDesignerViewInfo(CancellationToken cancelToken)

原因はわかりません。

Androidで「USBストレージまたはSDカードにインストールできませんでした」エラーが表示される


Androidで「USBストレージまたはSDカードにインストールできませんでした」エラーが表示される

Couldn’t install on USB storage or SD card

このエラーは USBストレージまたはSDカードの空き容量が不足している場合に発生しますが、不足していなくても発生する場合があります。

解消されない場合もありますが、次の手順を試してみてください。

  • USBストレージまたはSDカード等の .android_secure フォルダにあるsmdl2tmp1.asec ファイルを削除します。またはこのファイルの名前を変更します。
  • USBストレージまたはSDカードに問題がある可能性があります。エラーチェックを行ってください。または新しいもの別のものと取り換えてみます。
  • Android をリセットします。

原因はわかりませんが、自然に解消する場合があります。ネットワークの状況によりこのエラーが発生することがあります。システムが何かを書き換えるために発生するのではないかと考えています。

Windowsでログオンするとタブレットのエラー


Windowsでログオンすると「タブレットのバージョンが不一致 タブレットドライバを再インストールしてください。」ダイアログが表示される

Wacom

次のファイルを削除してドライバを再インストールしてください。

  • %SystemRoot%\System32\Pen_Tablet.dll
  • %SystemRoot%\System32\Pen_Touch_Tablet.dll
  • %SystemRoot%\System32\WacomMT.dll
  • %SystemRoot%\System32\Wintab32.dll

dllファイル以外に、dlm,dln,dloファイルが存在する場合があります。

%ProgramFiles%\Tablet

Event 1102,SNMP Error


Event 1102,SNMP Error

The SNMP Service is ignoring extension agent dll %1 because it is missing or misconfigured.

拡張エージェント dll %1 が足りないかまたは正しく構成されていないので、SNMP サービスはそれを無視しています。

私の環境(Windows XP)では、C:\WINDOWS\System32\igmpagnt.dll がsystem32 ディレクトリ内に存在しないために発生していました。dllcache からsystem32 へコピーしたところ、このエラーは発生しなくなりました。

また Windows Search Sevice, Event ID 3024, 分類 Gathererの
The update cannot be started because the content sources cannot be accessed. Fix the errors and try the update again.

Context: Windows Application, SystemIndex Catalog

この警告も記録されなくなりました。

ローカルセキュリティポリシー


ローカルセキュリティポリシーでアクセス拒否エラーが発生する

%systemroot%system32\GroupPolicy, %systemroot%system32\GroupPolicyUsers に次の権限を与えます。

Authenticated Users に読み取りと実行、Administrators と System にフルコントロール権限を与えます。

.NET Framework 3.5 SP1 Setup Error


.NET Framework 3.5 SP1 のインストールの際に、エラーが発生してインストールできない

dotnetfx35.exe を実行すると ネットワークへの接続を 5回繰り返した後、エラーが発生したというメッセージが表示される。

dd_dotnetfx35error.txt ファイルに次のようなエラーが書き込まれます。

  • dlmgr: CDownloadJobBITSImpl::RunToFinish() : BITS job in BG_JOB_STATE_ERROR state.
    Context: 5 Error code: -2145844844 Description: HTTP ステータス 404: 要求された URL はサーバーに存在しません。
  • Windows インストーラ パッケージ:
    c:\c7f82b3b173a030e93c900fb111fed9b\vs_setup.ms_
    を開けませんでした。
  • [2] Error: Installation failed for component Microsoft .NET Framework 3.5 (x64) ‘package’. MSI returned error code 1603

このエラーはネットワークから切断した状況でも発生します。

以下の手順を試してみてください。特に最後の手順でエラーが発生しなくなるかもしれません。


Dotnet Cleanup Tool を使用して ,NET Framework のインストール情報を削除します


Visual Studio Express などインストールしている場合は関連するものを修復します。また正しくインストールされているかどうか確認します。

.NET Framework 2.0 SDK, Windows SDK, etc.


Background Intelligent Transfer Service (Bits, バックグラウンド インテリジェント転送サービス の jobs をすべて削除します(Vista以降)

  1. コマンドプロンプトで bitsadmin /reset /allusers を実行します

gmgr*.dat ファイルを削除します

Windows Update のコンポーネントを削除する(http://support.microsoft.com/kb/971058/) を参照してください

  1. Del “%ALLUSERSPROFILE%\Application Data\Microsoft\Network\Downloader\qmgr*.dat”

%systemroot%\assembly のアクセス権を確認します

コマンドプロンプトで attrib %systemroot%\assembly -r -s を実行します。エクスプローラにセキュリティのタブが表示されるようになります。

attrib %systemroot%\assembly のアクセス権(DACL)が%systemroot% から継承されているか確認します。継承されていない場合は所有者を Administrators に変更し、エクスプローラの「アクセス許可」で「このオブジェクトの親からの継承可能なアクセを含める」をチェックし、継承されていないアクセス権を削除します。[2012年7月5日] Vistaでは %systemroot%から継承されていない場合、Users の権限が正しく設定できません。Users のアクセス許可を「読み取りの実行」、適用先を「このフォルダ、サブフォルダおよびファイル」に設定しても、サブフォルダの適用先が「このフォルダ」のみとなり、サブフォルダ(GAC, tmpなど)のファイルにアクセスできません。バグであると考えられます。

attrib %systemroot%\assembly +r +s を実行して、属性を元に戻します(%systemroot%\Fontsも同様の属性です)。

%systemroot%\assembly のアクセス権限は %systemroot%Microsoft.NET のアクセス権限が反映されません。


ServiceModel 登録ツール (ServiceModelReg.exe) を実行してScriptMaps を更新します。

詳しくは Microsoft の ServiceModel 登録ツール (ServiceModelReg.exe) ページ (http://msdn.microsoft.com/library/ms732012(v=vs.80).aspx) を参照してください。

以下のコマンドを実行します

  1. cd “%systemroot%\Microsoft.NET\Framework\v3.0\Windows Communication Foundation”
  2. ServiceModelReg.exe /i

64bitでは さらに次の操作を実行します

  1. cd “%systemroot%\Microsoft.NET\Framework64\v3.0\Windows Communication Foundation”
  2. ServiceModelReg.exe /i

次のようなメッセージが表示されると ScriptMaps の更新が成功しているものと思われます。以下の内容は64bit環境のものです。

Microsoft(R) Windows Communication Foundation Installation Utility
[Microsoft(R) Windows(R) Communication Foundation、バージョン 3.0.4506.4037]
Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

インストール中: Machine.config セクション グループとハンドラ (WOW64)

インストール中: Machine.config セクション グループとハンドラ

インストール中: System.Web ビルド プロバイダ (WOW64)

インストール中: System.Web コンパイル アセンブリ (WOW64)

インストール中: HTTP ハンドラ (WOW64)

インストール中: HTTP モジュール (WOW64)

インストール中: System.Web ビルド プロバイダ

インストール中: System.Web コンパイル アセンブリ

インストール中: HTTP ハンドラ

インストール中: HTTP モジュール

インストール中: プロトコル net.tcp の Protocol ノード (WOW64)

インストール中: プロトコル net.tcp の TransportConfiguration ノード (WOW64)

インストール中: プロトコル net.tcp の Xws ListenerAdapter ノード

インストール中: プロトコル net.tcp の Protocol ノード

インストール中: プロトコル net.tcp の TransportConfiguration ノード

インストール中: プロトコル net.pipe の Protocol ノード (WOW64)

インストール中: プロトコル net.pipe の TransportConfiguration ノード (WOW64)

インストール中: プロトコル net.pipe の Xws ListenerAdapter ノード

インストール中: プロトコル net.pipe の Protocol ノード

インストール中: プロトコル net.pipe の TransportConfiguration ノード

インストール中: プロトコル net.msmq の Protocol ノード (WOW64)

インストール中: プロトコル net.msmq の TransportConfiguration ノード (WOW64)

インストール中: プロトコル net.msmq の Xws ListenerAdapter ノード

インストール中: プロトコル net.msmq の Protocol ノード

インストール中: プロトコル net.msmq の TransportConfiguration ノード

インストール中: プロトコル msmq.formatname の Protocol ノード (WOW64)

インストール中: プロトコル msmq.formatname の TransportConfiguration ノード (WOW
64)

インストール中: プロトコル msmq.formatname の Xws ListenerAdapter ノード

インストール中: プロトコル msmq.formatname の Protocol ノード

インストール中: プロトコル msmq.formatname の TransportConfiguration ノード


.NET Framework 3.5 (SP1) のセットアッププログラムはネットワークに接続していると次のフォルダにファイルをダウンロードします

  • %userprofile%\Appdata\Local\dotnetfx3521022.08
  • %userprofile%\Appdata\Local\dotnetfx3530729.01

WMI, Wbem のコマンド


WMI エラーが発生する

WMI レポジトリを再構築するには次のコマンドを実行します。

winmgmt /salvagerepository

(Windowsの起動時に) Windowsログに Capi2 エラーが記録されます


(Windowsの起動時に) Windows ログに Capi2 エラーが記録されます。

%systemroot%\winsxs\FileMaps, %systemroot%\winsxs\Temp\PendingRenames フォルダー(ディレクトリー)のアクセス権限(ACL)を修正します。

管理者権限でコマンドプロンプトを開き、次のコマンドを実行します。数十分以上かかる場合があります。

  • Takeown /f %systemroot%\winsxs\filemaps\* /a
  • icacls %systemroot%\winsxs\filemaps\*.* /grant “NT AUTHORITY\SYSTEM:(RX)”
  • icacls %systemroot%\winsxs\filemaps\*.* /grant “NT AUTHORITY\Administrators:(RX)”
  • icacls %systemroot%\winsxs\filemaps\*.* /grant “NT Service\trustedinstaller:(F)”
  • icacls %systemroot%\winsxs\filemaps\*.* /grant BUILTIN\Users:(RX)
  • Takeown /f %systemroot%\winsxs\Temp\PendingRenames\* /a
  • icacls %systemroot%\winsxs\Temp\PendingRenames\*.* /grant “NT AUTHORITY\SYSTEM:(RX)”
  • icacls %systemroot%\winsxs\Temp\PendingRenames\*.* /grant “NT AUTHORITY\Administrators:(RX)”
  • icacls %systemroot%\winsxs\Temp\PendingRenames\*.* /grant “NT Service\trustedinstaller:(F)”
  • icacls %systemroot%\winsxs\Temp\PendingRenames\*.* /grant BUILTIN\Users:(RX)

%systemroot%\winsxs\filemaps, %systemroot%\winsxs\Temp\PendingRenames の所有者を管理者(Administrators)に変更して、System, Administrators, Users に読み取りと実行、TrustedInstaller(サービス)にフルコントロール権限を与えます。

Search.Mapi2Handler.1 エラー


イベントビュアーを起動して、Windows ログのアプリケーションに
イベント 3083, Search
プロトコル ハンドラ Search.Mapi2Handler.1 を読み込めませんでした。エラーの説明: クラスが登録されていません

レジストリが不足している場合に発生します。次のレジストリを付け加えることで問題が解決します。

Windows Registry Editor Version 5.00
[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{9E175BAF-F52A-11D8-B9A5-505054503030}]
@=”Windows Search Service Office Outlook Protocol Handler”
[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{9E175BAF-F52A-11D8-B9A5-505054503030}\InprocServer32]
@=hex(2):25,00,73,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,72,00,6f,00,6f,00,74,00,25,\
00,5c,00,73,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,33,00,32,00,5c,00,6d,00,73,00,\
73,00,70,00,68,00,2e,00,64,00,6c,00,6c,00,00,00
“ThreadingModel”=”Both”
[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{9E175BAF-F52A-11D8-B9A5-505054503030}\ProgID]
@=”Search.MAPI2Handler.1″
[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{9E175BAF-F52A-11D8-B9A5-505054503030}\VersionIndependentProgID]
@=”Search.MAPI2Handler”

この内容をregファイルに保存してインポート(統合)します。

Search.Mapi2Handler.1 で検索してください。