ブログアーカイブ

アカウント ロックアウトのポリシーを設定


アカウント ロックアウトのポリシーを コマンドラインから設定する方法です。

詳細は マイクロソフトのサイトに掲載されています。

net accounts /LOCKOUTTHRESHOLD: [アカウントのロックアウトのしきい値 (n 回ログオンに失敗)]

net accounts /LOCKOUTDURATION: [ロックアウト カウンターのリセット (n 分後)]

net accounts /LOCKOUTWINDOW: [ロックアウト 期間 (n 分)]

: ( 数値 ) を入力しないとエラーになります。net accounts のみ実行すると、現在の設定が表示されます。

Windows 7 Home Premium, Windows Vista Home Premium, Windows XP Home Edtion など ローカル セキュリティ ポリシー(secpol.msc) が付属していないエディションでも編集が可能です。

(例)

net accounts /LOCKOUTTHRESHOLD:5
(5回失敗するとアカウントがロックされます)

net accounts /LOCKOUTDURATION:30
(30分後にアカウントのロックが解除されます)

net accounts /LOCKOUTWINDOW:30
(30分間アカウントがロックされます)


net accounts /FORCELOGOFF:{分数 | NO} [ユーザーを強制的にログオフさせるまでの時間]

[/MINPWLEN:長さ] [パスワードの最小の文字数]

xilinx iMPACT


xilinx iMPACT をコマンドライン(command line)、バッチモード(batch mode)で使用する方法です。

バッチモードの例(ise 11)