ブログアーカイブ

Windows Update (KB2975719)


Windows 8.1 x64 Update 1 で Windows Update (2014-08) を実行したところ、起動しなくなりました。また別のPCはインストールできませんでした。

KB2975719 (オプション) を適用しようとしたところ、この問題が発生しました。Windows Update を実行した後に再起動するとブルースクリーン(BSOD)が表示され、0%で終了してすぐにスタートアップ修復ができないと表示されました。復元ポイントを使用して修復することになりました。KB2975719 をダウンロードして手動でやり直してもスタートアップ修復で修復できない状態になりました。

コンポーネントストアに何らかの原因があるために発生したものと思われますが、こちらのPCでは KB2934018 を適用した時よりも深刻な状態になりました。


%SystemRoot%\System32\LogFiles\Srt\SrtTrail.txt

スタートアップ修復の診断および修復ログ
—————————
前回正常ブート時刻: ‎2014/‎08/‎14 10:04:32 (GMT)
修復の試行回数: 1セッションの詳細
—————————
システム ディスク = \Device\Harddisk0
Windows ディレクトリ = C:\WINDOWS
AutoChk 実行 = 0
根本的な原因の数 = 1実行されたテスト:
—————————
名前: 更新プログラムの確認
結果: 正常に完了しました。エラー コード = 0x0
所要時間 = 0 ミリ秒実行されたテスト:
—————————
名前: システム ディスク テスト
結果: 正常に完了しました。エラー コード = 0x0
所要時間 = 0 ミリ秒実行されたテスト:
—————————
名前: ディスク エラー診断
結果: 正常に完了しました。エラー コード = 0x0
所要時間 = 16 ミリ秒

実行されたテスト:
—————————
名前: ディスクのメタデータ テスト
結果: 正常に完了しました。エラー コード = 0x0
所要時間 = 78 ミリ秒

実行されたテスト:
—————————
名前: ターゲット OS のテスト
結果: 正常に完了しました。エラー コード = 0x0
所要時間 = 297 ミリ秒

実行されたテスト:
—————————
名前: ボリューム コンテンツの確認
結果: 正常に完了しました。エラー コード = 0x0
所要時間 = 1219 ミリ秒

実行されたテスト:
—————————
名前: ブート マネージャーの診断
結果: 正常に完了しました。エラー コード = 0x0
所要時間 = 0 ミリ秒

実行されたテスト:
—————————
名前: システム ブート ログの診断
結果: 正常に完了しました。エラー コード = 0x0
所要時間 = 0 ミリ秒

実行されたテスト:
—————————
名前: イベント ログ診断
結果: 正常に完了しました。エラー コード = 0x0
所要時間 = 156 ミリ秒

実行されたテスト:
—————————
名前: 内部状態の確認
結果: 正常に完了しました。エラー コード = 0x0
所要時間 = 31 ミリ秒

実行されたテスト:
—————————
名前: ブート状態のテスト
結果: 正常に完了しました。エラー コード = 0x0
所要時間 = 47 ミリ秒

実行されたテスト:
—————————
名前: セットアップ状態の確認
結果: 正常に完了しました。エラー コード = 0x0
所要時間 = 813 ミリ秒

実行されたテスト:
—————————
名前: レジストリ ハイブ テスト
結果: 正常に完了しました。エラー コード = 0x0
所要時間 = 8937 ミリ秒

実行されたテスト:
—————————
名前: Windows ブート ログの診断
結果: 正常に完了しました。エラー コード = 0x0
所要時間 = 0 ミリ秒

見つかった根本的な原因:
—————————
ブートの重要なファイル c:\windows\system32\drivers\intelpep.sys が壊れています。

修復操作: ファイルの修復
結果: 失敗しました。エラー コード = 0xa
所要時間 = 14266 ミリ秒

—————————
—————————

c:\windows\system32\drivers\msisadrv.sys

この内容より intelpep.sys に問題が発生しています。amd64_intelpep.inf_31bf3856ad364e35_6.3.9600.17238_none_b59d0ec9fce2e963\, amd64_intelpep.inf_31bf3856ad364e35_6.3.9600.17031_none_b59608f7fce93db4\ では intelpep.inf に相違がみられます。

intelpep.sys のインストールに失敗している、デジタル署名に問題が発生している、または複合的な要因により起動できなくなっているのかもしれません。こちらのPCへのインストールは断念しました。

intelpep.sys [Intel Power Engine Plug-in] Instant Go で使用します。


  • スタートアップ修復で修復できないので復元ポイントで修復してその後適用したPC 2(Windows 8.1 x64 Update 1)はインストールが完了していないことが判明
  • 再起動後に 80% で Progress ring が数秒間停止したものの適用できたPC 3(Windows 8.1 x86 Update 1)

KB2975719 がオプションとなっている一因と思われます。

Windows インストーラーの情報が失われる。Windows Update の後の初回起動時に iTunesなどでWindows Installer のダイアログボックスが表示されます。その後は問題なく使用できます。


KB2975719 について 次のようなエラーが発生する事例が報告されています。

  • 2回再起動後にblack screenになる
  • Stop 0x50 エラーが発生する

2014-08-16 現在、一部の更新プログラムがWindows Updateから消えています。

Windows XPとVista/7のデュアルブートで復元ポイントが削除される


Windows XPとVista/7のデュアルブートで復元ポイントが削除される(この現象はVistaとWindows 8の組み合わせでも発生します)

Windows XPとVista/7をデュアルブート構成にすると、Windows Vista/7の復元ポイントが削除されるという問題が発生します。詳細はマイクロソフトのサイトhttp://support.microsoft.com/kb/926185/ja へアクセスしてください。Windows XPのレジストリを変更する方法、あるいはWindows Vista/7 のボリュームに BitLocker を適用する方法が記載されています。

Windows XP のレジストリを変更する手順です。

  • regeditを実行します。HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\MountedDevices\Offline のレジストリサブキーに次のレジストリエントリを追加します。
    \DosDevices\(ドライブ名):
    “(ドライブ名):”は Windows XP からアクセスする際に使用する Vista/7 のボリューム名を指定します。
    REG_DWORD の値1を設定します。
  • レジストリエディタを閉じて、Windows XPを再起動します。
  • この方法ではWindows XPからWindows Vista/7のボリュームへアクセスできなくなります。

VistaとWindows 8のデュアルブート構成においてもこの現象が発生するという内容を追記しました(2013-01-31T00:00:00+09:00))。

初回公開:2010-10-31T19:49:00+09:00