ブログアーカイブ

Windows ストアアプリの更新


Windows ストアアプリの更新でエラーが発生して失敗するときの対処法です。

Powershell を利用します。

  1. Powershell を 管理者として実行します
  2. Get-AppxPackage -allusers -name * を実行します。InstallLocationを確認します。
  3. Add-AppxPackage -Register “エラーが発生しているアプリのInstallLocation\AppxManifest.xml” -DisableDevelopmentMode を実行します。
広告

Dism 0x800f081f


Dism /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth を実行すると 0x800f081f エラーが発生する

Windows Update で更新プログラムを正しくダウンロードできないために発生するようです。KB3045557(KB3045563,Win8.1)など.NET Framework に関連するファイル(4.6/4.5.2/4.5.1)で発生します。そのほか KB3074548でも発生しました。

以下の方法でエラーが発生することなくファイルを修復することができました。


KB3045557(Windows 8.1 x64)の例 (C:\Temp以外のフォルダーでも構いません)
  1. KB3045557, NDP46-KB3045557-x86-x64-AllOS-ENU.exe をダウンロードします。Microsoft Download Center またはサポート技術情報(KB)で見つからない場合は、Microsoft Update Catalog を利用してダウンロードします。
  2. コマンドプロンプト (管理者)を開きます。
  3. %UserProfile%\Downloads\NDP46-KB3045557-x86-x64-AllOS-ENU.exe /x:C:\Temp を実行します。ダイアログでOKを選択します。
  4. expand /f:* C:\Temp\x64-Windows8.1-KB3045563-x64.cab C:\Temp を実行します。amd64, msil, wow64, x86で始まるフォルダー、manifestファイル、Package_ で始まるcat(セキュリティカタログ)とmsuファイルが展開されているか確認します。
  5. Dism /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth /Source:C:\Temp を実行します。
KB3074548の例(Win8.1 x64,一般的な更新プログラムです)
  1. Windows8.1-KB3074548-x64.msuをダウンロードします。
  2. expand /f:* %UserProfile%\Downloads\Windows8.1-KB3074548-x64.msu C:\Temp を実行します。
  3. expand /f:* C:\Temp\Windows8.1-KB3074548-x64.cab C:\Temp を実行します。
  4. Dism /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth /Source:C:\Temp を実行します。

expand.exe の代わりに wusa Windows8.1-KB3074548-x64.msu(.cab) /extract:C:\Temp を使用しても展開することができます。


詳細

%SystemRoot%\Logs\CBS\CBS.logでどのファイルの修復に失敗しているか確認します。

(p) CSI Payload Corrupt x86_netfx4-microsoft_data_entity_targets_b03f5f7f11d50a3a_4.0.9600.18035_none_3f79ef4dcd57d0b2\Microsoft.Data.Entity.targets
Repair failed: Missing replacement payload.
(p) CSI Payload Corrupt amd64_netfx4-microsoft_data_entity_targets_b03f5f7f11d50a3a_4.0.9600.18035_none_f7ccb876b8dba7ac\Microsoft.Data.Entity.targets
Repair failed: Missing replacement payload.
(p) CSI Payload Corrupt x86_netfx4-installsqlstatetemplate_sql_b03f5f7f11d50a3a_4.0.9600.18035_none_e0d6e19bfc6c14cd\InstallSqlStateTemplate.sql
Repair failed: Missing replacement payload.
(p) CSI Payload Corrupt amd64_netfx4-installsqlstatetemplate_sql_b03f5f7f11d50a3a_4.0.9600.18035_none_9929aac4e7efebc7\InstallSqlStateTemplate.sql
Repair failed: Missing replacement payload.
(p) CSI Payload Corrupt x86_netfx4-installpersistsqlstate_sql_b03f5f7f11d50a3a_4.0.9600.21180_none_477827915b6e53ba\InstallPersistSqlState.sql
Repair failed: Missing replacement payload.
(p) CSI Payload Corrupt amd64_netfx4-installpersistsqlstate_sql_b03f5f7f11d50a3a_4.0.9600.21180_none_ffcaf0ba46f22ab4\InstallPersistSqlState.sql
Repair failed: Missing replacement payload.
(p) CSI Payload Corrupt amd64_netfx-aspnet-nonwow64-shared_b03f5f7f11d50a3a_4.0.9600.21180_none_305562957306503c\aspnet_state_perf.ini
Repair failed: Missing replacement payload.
(p) CSI Payload Corrupt amd64_netfx-aspnet-nonwow64-shared_b03f5f7f11d50a3a_4.0.9600.21180_none_305562957306503c\aspnet_perf2.ini
Repair failed: Missing replacement payload.
(p) CSI Payload Corrupt amd64_netfx4-msbuild_targets_b03f5f7f11d50a3a_4.0.9600.21180_none_32bdafc072df9332\Microsoft.NETFramework.props
Repair failed: Missing replacement payload.
(p) CSI Payload Corrupt amd64_netfx4-msbuild_targets_b03f5f7f11d50a3a_4.0.9600.21180_none_32bdafc072df9332\Microsoft.VisualBasic.targets
Repair failed: Missing replacement payload.
(p) CSI Payload Corrupt amd64_netfx4-msbuild_targets_b03f5f7f11d50a3a_4.0.9600.21180_none_32bdafc072df9332\Microsoft.NETFramework.targets
Repair failed: Missing replacement payload.
(p) CSI Payload Corrupt x86_netfx4-msbuild_targets_b03f5f7f11d50a3a_4.0.9600.21180_none_7a6ae697875bbc38\Microsoft.NETFramework.props
Repair failed: Missing replacement payload.
(p) CSI Payload Corrupt x86_netfx4-msbuild_targets_b03f5f7f11d50a3a_4.0.9600.21180_none_7a6ae697875bbc38\Microsoft.VisualBasic.targets
Repair failed: Missing replacement payload.
(p) CSI Payload Corrupt x86_netfx4-msbuild_targets_b03f5f7f11d50a3a_4.0.9600.21180_none_7a6ae697875bbc38\Microsoft.NETFramework.targets
Repair failed: Missing replacement payload.
(p) CSI Payload Corrupt amd64_netfx4-installsqlstatetemplate_sql_b03f5f7f11d50a3a_4.0.9600.21180_none_8261757901924d34\InstallSqlStateTemplate.sql
Repair failed: Missing replacement payload.
(p) CSI Payload Corrupt x86_netfx4-installsqlstatetemplate_sql_b03f5f7f11d50a3a_4.0.9600.21180_none_ca0eac50160e763a\InstallSqlStateTemplate.sql
Repair failed: Missing replacement payload.
(p) CSI Payload Corrupt x86_netfx4-microsoft_data_entity_targets_b03f5f7f11d50a3a_4.0.9600.21180_none_28b1ba01e6fa321f\Microsoft.Data.Entity.targets
Repair failed: Missing replacement payload.
(p) CSI Payload Corrupt amd64_netfx4-microsoft_data_entity_targets_b03f5f7f11d50a3a_4.0.9600.21180_none_e104832ad27e0919\Microsoft.Data.Entity.targets
Repair failed: Missing replacement payload.
(p) CSI Payload Corrupt x86_netfx4-installpersistsqlstate_sql_b03f5f7f11d50a3a_4.0.9600.18035_none_5e405cdd41cbf24d\InstallPersistSqlState.sql
Repair failed: Missing replacement payload.
(p) CSI Payload Corrupt amd64_netfx4-installpersistsqlstate_sql_b03f5f7f11d50a3a_4.0.9600.18035_none_169326062d4fc947\InstallPersistSqlState.sql
Repair failed: Missing replacement payload.
(p) CSI Payload Corrupt amd64_netfx-aspnet-nonwow64-shared_b03f5f7f11d50a3a_4.0.9600.18035_none_3006c01059bbbd11\aspnet_state_perf.ini
Repair failed: Missing replacement payload.
(p) CSI Payload Corrupt amd64_netfx-aspnet-nonwow64-shared_b03f5f7f11d50a3a_4.0.9600.18035_none_3006c01059bbbd11\aspnet_perf2.ini
Repair failed: Missing replacement payload.
(p) CSI Payload Corrupt amd64_netfx4-msbuild_targets_b03f5f7f11d50a3a_4.0.9600.18035_none_4985e50c593d31c5\Microsoft.NETFramework.props
Repair failed: Missing replacement payload.
(p) CSI Payload Corrupt amd64_netfx4-msbuild_targets_b03f5f7f11d50a3a_4.0.9600.18035_none_4985e50c593d31c5\Microsoft.VisualBasic.targets
Repair failed: Missing replacement payload.
(p) CSI Payload Corrupt amd64_netfx4-msbuild_targets_b03f5f7f11d50a3a_4.0.9600.18035_none_4985e50c593d31c5\Microsoft.NETFramework.targets
Repair failed: Missing replacement payload.
(p) CSI Payload Corrupt x86_netfx4-msbuild_targets_b03f5f7f11d50a3a_4.0.9600.18035_none_91331be36db95acb\Microsoft.NETFramework.props
Repair failed: Missing replacement payload.
(p) CSI Payload Corrupt x86_netfx4-msbuild_targets_b03f5f7f11d50a3a_4.0.9600.18035_none_91331be36db95acb\Microsoft.VisualBasic.targets
Repair failed: Missing replacement payload.
(p) CSI Payload Corrupt x86_netfx4-msbuild_targets_b03f5f7f11d50a3a_4.0.9600.18035_none_91331be36db95acb\Microsoft.NETFramework.targets
Repair failed: Missing replacement payload.
(p) CSI Payload Corrupt (Fixed) amd64_microsoft-windows-tabletpc-journal_31bf3856ad364e35_6.3.9600.18005_none_08c734c4784db1f5\grid_(inch).wmf
(p) CSI Payload Corrupt msil_system.drawing.resources_b03f5f7f11d50a3a_4.0.9600.17958_ja-jp_91f22c7d72e205f6\System.Drawing.resources.dll
Repair failed: Missing replacement payload.
(p) CSI Payload Corrupt (Fixed) amd64_microsoft-windows-ie-internetexplorer_31bf3856ad364e35_11.0.9600.18036_none_3342a6a3fcdf6fc0\Windows Feed Discovered.wav
(p) CSI Payload Corrupt (Fixed) amd64_microsoft-windows-ie-internetexplorer_31bf3856ad364e35_11.0.9600.18036_none_3342a6a3fcdf6fc0\Windows Navigation Start.wav
(p) CSI Payload Corrupt (Fixed) amd64_microsoft-windows-ie-internetexplorer_31bf3856ad364e35_11.0.9600.18036_none_3342a6a3fcdf6fc0\Windows Pop-up Blocked.wav
(p) CSI Payload Corrupt (Fixed) amd64_microsoft-windows-ie-internetexplorer_31bf3856ad364e35_11.0.9600.18036_none_3342a6a3fcdf6fc0\Windows Information Bar.wav
(p) CSI Payload Corrupt (Fixed) msil_system.directoryser..protocols.resources_b03f5f7f11d50a3a_6.3.9600.17958_ja-jp_05642d07ef1849e1\System.DirectoryServices.Protocols.resources.dll
(p) CSI Payload Corrupt (Fixed) msil_system.drawing.resources_b03f5f7f11d50a3a_6.3.9600.17958_ja-jp_e754d3bf90dcc2bd\System.Drawing.Resources.dll
(p) CSI Payload Corrupt (Fixed) amd64_microsoft-windows-s..tenanceservice-core_31bf3856ad364e35_6.3.9600.17936_none_c0fe52a0e9044e25\SystemMaintenanceService-Core.ptxml
(p) CSI Payload Corrupt (Fixed) amd64_microsoft-windows-w..wsupdateclient-core_31bf3856ad364e35_7.9.9600.18039_none_4264e6a0c10e6e05\WindowsUpdateClient-Core.ptxml
(p) CSI Payload Corrupt (Fixed) amd64_microsoft-windows-w..client-ui.resources_31bf3856ad364e35_7.9.9600.18039_ja-jp_d801a369409c14ad\wushareduxresources.dll.mui
(p) CSI Payload Corrupt (Fixed) amd64_microsoft-windows-w..client-ui.resources_31bf3856ad364e35_7.9.9600.18039_ja-jp_d801a369409c14ad\WUSettingsProvider.dll.mui
(p) CSI Payload Corrupt (Fixed) amd64_microsoft-windows-store-runtime_31bf3856ad364e35_6.3.9600.17822_none_e1e1b80c1325888a\Windows.ApplicationModel.Store.dll
(p) CSI Payload Corrupt (Fixed) amd64_microsoft-windows-s..gs-settingshandlers_31bf3856ad364e35_6.3.9600.17909_none_4b3f76da3280e185\Windows.UI.SettingsHandlers.pri
(p) CSI Payload Corrupt (Fixed) amd64_microsoft-windows-store-client-ui-images_31bf3856ad364e35_6.3.9600.17822_none_8300e4688bf4fc2f\tilelarge.contrast-white.png
(p) CSI Payload Corrupt (Fixed) amd64_microsoft-windows-store-client-ui-images_31bf3856ad364e35_6.3.9600.17822_none_8300e4688bf4fc2f\tilewide.contrast-white_scale-100.png
(p) CSI Payload Corrupt (Fixed) amd64_microsoft-windows-store-client-ui-images_31bf3856ad364e35_6.3.9600.17822_none_8300e4688bf4fc2f\tilewide.contrast-white_scale-140.png
(p) CSI Payload Corrupt (Fixed) amd64_microsoft-windows-store-client-ui-images_31bf3856ad364e35_6.3.9600.17822_none_8300e4688bf4fc2f\tilewide.contrast-white_scale-180.png
(p) CSI Payload Corrupt (Fixed) amd64_microsoft-windows-store-client-ui-images_31bf3856ad364e35_6.3.9600.17822_none_8300e4688bf4fc2f\splashscreen.contrast-white.png
(p) CSI Payload Corrupt (Fixed) amd64_microsoft-windows-store-client-ui-images_31bf3856ad364e35_6.3.9600.17822_none_8300e4688bf4fc2f\tilelarge.contrast-white_scale-180.png
(p) CSI Payload Corrupt (Fixed) amd64_microsoft-windows-store-client-ui-images_31bf3856ad364e35_6.3.9600.17822_none_8300e4688bf4fc2f\tilelarge.contrast-white_scale-140.png
(p) CSI Payload Corrupt (Fixed) amd64_microsoft-windows-store-client-ui-images_31bf3856ad364e35_6.3.9600.17822_none_8300e4688bf4fc2f\tilelarge.contrast-white_scale-100.png
(p) CSI Payload Corrupt (Fixed) amd64_microsoft-windows-store-client-ui-images_31bf3856ad364e35_6.3.9600.17822_none_8300e4688bf4fc2f\tilewide.contrast-white_scale-80.png
(p) CSI Payload Corrupt (Fixed) amd64_microsoft-windows-store-client-ui-images_31bf3856ad364e35_6.3.9600.17822_none_8300e4688bf4fc2f\tilelarge.contrast-white_scale-80.png
(p) CSI Payload Corrupt (Fixed) amd64_microsoft-windows-store-client-ui-images_31bf3856ad364e35_6.3.9600.17822_none_8300e4688bf4fc2f\splashscreen.contrast-black_scale-100.png
(p) CSI Payload Corrupt (Fixed) amd64_microsoft-windows-store-client-ui-images_31bf3856ad364e35_6.3.9600.17822_none_8300e4688bf4fc2f\splashscreen.contrast-black_scale-140.png
(p) CSI Payload Corrupt (Fixed) amd64_microsoft-windows-store-client-ui-images_31bf3856ad364e35_6.3.9600.17822_none_8300e4688bf4fc2f\splashscreen.contrast-black_scale-180.png
(p) CSI Payload Corrupt (Fixed) amd64_microsoft-windows-store-client-ui-images_31bf3856ad364e35_6.3.9600.17822_none_8300e4688bf4fc2f\splashscreen.contrast-black.png
(p) CSI Payload Corrupt (Fixed) amd64_microsoft-windows-store-client-ui-images_31bf3856ad364e35_6.3.9600.17822_none_8300e4688bf4fc2f\tilewide.contrast-black_scale-180.png
(p) CSI Payload Corrupt (Fixed) amd64_microsoft-windows-store-client-ui-images_31bf3856ad364e35_6.3.9600.17822_none_8300e4688bf4fc2f\splashscreen.scale-180.png
(p) CSI Payload Corrupt (Fixed) amd64_microsoft-windows-store-client-ui-images_31bf3856ad364e35_6.3.9600.17822_none_8300e4688bf4fc2f\splashscreen.scale-140.png
(p) CSI Payload Corrupt (Fixed) amd64_microsoft-windows-store-client-ui-images_31bf3856ad364e35_6.3.9600.17822_none_8300e4688bf4fc2f\splashscreen.scale-100.png
(p) CSI Payload Corrupt (Fixed) amd64_microsoft-windows-store-client-ui-images_31bf3856ad364e35_6.3.9600.17822_none_8300e4688bf4fc2f\tilesmall.contrast-white_scale-180.png
(p) CSI Payload Corrupt (Fixed) amd64_microsoft-windows-store-client-ui-images_31bf3856ad364e35_6.3.9600.17822_none_8300e4688bf4fc2f\tilewide.contrast-white.png
(p) CSI Payload Corrupt (Fixed) amd64_microsoft-windows-store-client-ui-images_31bf3856ad364e35_6.3.9600.17822_none_8300e4688bf4fc2f\tilesmall.contrast-white_scale-140.png
(p) CSI Payload Corrupt (Fixed) amd64_microsoft-windows-store-client-ui-images_31bf3856ad364e35_6.3.9600.17822_none_8300e4688bf4fc2f\splashscreen.contrast-white_scale-100.png
(p) CSI Payload Corrupt (Fixed) amd64_microsoft-windows-store-client-ui-images_31bf3856ad364e35_6.3.9600.17822_none_8300e4688bf4fc2f\splashscreen.contrast-white_scale-140.png
(p) CSI Payload Corrupt (Fixed) amd64_microsoft-windows-store-client-ui-images_31bf3856ad364e35_6.3.9600.17822_none_8300e4688bf4fc2f\splashscreen.contrast-white_scale-180.png
(p) CSI Payload Corrupt (Fixed) amd64_microsoft-windows-store-client-ui-images_31bf3856ad364e35_6.3.9600.17822_none_8300e4688bf4fc2f\tilelarge.contrast-black_scale-180.png
(p) CSI Payload Corrupt (Fixed) x86_microsoft-windows-store-runtime_31bf3856ad364e35_6.3.9600.17822_none_85c31c885ac81754\Windows.ApplicationModel.Store.dll
(p) CSI Payload Corrupt (Fixed) amd64_netfx-aspnet-nonwow64-shared_b03f5f7f11d50a3a_4.0.9600.16384_none_2fcfe36c59e4f3a2\aspnet_state_perf.ini
(p) CSI Payload Corrupt (Fixed) amd64_netfx-aspnet-nonwow64-shared_b03f5f7f11d50a3a_4.0.9600.16384_none_2fcfe36c59e4f3a2\aspnet_perf2.ini

Summary:
Operation: Detect and Repair
Operation result: 0x800f081f
Last Successful Step: Entire operation completes.
Total Detected Corruption: 70
CBS Manifest Corruption: 0
CBS Metadata Corruption: 0
CSI Manifest Corruption: 0
CSI Metadata Corruption: 0
CSI Payload Corruption: 70
Total Repaired Corruption: 41
CBS Manifest Repaired: 0
CSI Manifest Repaired: 0
CSI Payload Repaired: 41
CSI Store Metadata refreshed: True

この環境では %SystemRoot%\WinSxS\x86_netfx4-msbuild_targets_b03f5f7f11d50a3a_4.0.9600.18035_none_91331be36db95acb\Microsoft.NETFramework.targets などのファイルの修復に失敗しています。

regedit.exe を実行します。HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Component Based Servicing\ComponentDetect を選択して修復に失敗しているファイルがどの更新プログラム(KBxxxxxxx)に該当するのか確認します。もしくはレジストリーエディターの ハイブの読み込みで HKEY_LOCAL_MACHINEに対して %SystemRoot%\System32\Config\components ファイルを キー名 COMPONENTS で読み込んで、HKEY_LOCAL_MACHINE\COMPONENTS\DerivedData\Components(c!で始まる値) と HKEY_LOCAL_MACHINE\COMPONENTS\CanonicalData\Deployments のサブキーの値から該当する更新プログラムを割り出します。

KB2975719 について


2014年8月 の KB2975719 には Windows8.1-KB2975719-x64.msu, Windows8.1-KB2990532-x64.msu が含まれていましたが、2014年9月の KB2975719 には Windows8.1-KB2975719-x64.msu, Windows8.1-KB2979582-x64.msu, Windows8.1-KB2990532-x64.msu, Windows8.1-KB2993100-x64.msu, Windows8.1-KB2993651-x64.msu が含まれます。

Windows 8.1 x64 Update 1, 2014年9月1日(2日)リリースの KB2975719 も適用に失敗します。前回とほぼ同じ状態になります。KB2975719 以外に KB2993100 も同時に適用しようとしています。KB2993100 は問題なく適用できています。

コンポーネントストア の msdelta 圧縮に問題がある(ハッシュが一致しない)と、この更新プログラムを適用できなくなる可能性があります。HKEY_LOCAL_MACHINE\COMPONENTS の f!… の値と %SystemRoot%\WinSxS\… のファイルの(圧縮の)状態が一致していない箇所があります。

KB2979582

Windows 8.1 x64 Update 1において HKEY_CLASSES_ROOT\Wow6432node\CLSID に System32 フォルダーが含まれているのも気になります。


%SystemRoot%\Logs\CBS\CBS.log

2014-09-07 11:57:52, Info                  CBS    External EvaluateApplicability, package: Package_4_for_KB2939087~31bf3856ad364e35~amd64~~6.3.1.1, package applicable State: Installed, highest update applicable state: Superseded, resulting applicable state:Superseded
2014-09-07 11:57:52, Info                  CBS    Appl: detect Parent, Package: Package_5_for_KB2939087~31bf3856ad364e35~amd64~~6.3.1.1, Parent: Microsoft-Windows-Common-Foundation-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~6.3.9600.16384, Disposition = Detect, VersionComp: EQ, ServiceComp: EQ, BuildComp: EQ, DistributionComp: GE, RevisionComp: GE, Exist: present
2014-09-07 11:57:52, Info                  CBS    Appl: detectParent: package: Package_5_for_KB2939087~31bf3856ad364e35~amd64~~6.3.1.1, parent found: Microsoft-Windows-Common-Foundation-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~6.3.9600.16384, state: Installed
2014-09-07 11:57:52, Info                  CBS    Appl: detect Parent, Package: Package_5_for_KB2939087~31bf3856ad364e35~amd64~~6.3.1.1, disposition state from detectParent: Installed
2014-09-07 11:57:52, Info                  CBS    Appl: Evaluating package applicability for package Package_5_for_KB2939087~31bf3856ad364e35~amd64~~6.3.1.1, applicable state: Installed
2014-09-07 11:57:52, Info                  CBS    Appl: Selfupdate, Component: amd64_microsoft-windows-ntfs_31bf3856ad364e35_0.0.0.0_none_2669baee1d7346ff (6.3.9600.16657), elevation:4, lower version revision holder: 6.3.9600.16384
2014-09-07 11:57:52, Info                  CBS    Appl: SelfUpdate detect, component: amd64_microsoft-windows-ntfs_31bf3856ad364e35_6.3.9600.16657_none_9753001bf0c78fae, elevation: 4, applicable: 1
2014-09-07 11:57:52, Info                  CBS    Appl: Package: Package_5_for_KB2939087~31bf3856ad364e35~amd64~~6.3.1.1, Update: 2939087-5_neutral_GDR, Applicable: Applicable, Disposition: Installed
2014-09-07 11:57:52, Info                  CBS    External EvaluateApplicability, package: Package_5_for_KB2939087~31bf3856ad364e35~amd64~~6.3.1.1, package applicable State: Installed, highest update applicable state: Superseded, resulting applicable state:Superseded
2014-09-07 11:57:52, Info                  CBS    External EvaluateApplicability, package: Package_for_KB2939087_RTM~31bf3856ad364e35~amd64~~6.3.1.1, package applicable State: Installed, highest update applicable state: Superseded, resulting applicable state:Superseded
2014-09-07 11:57:52, Info                  CBS    External EvaluateApplicability, package: Package_for_KB2939087~31bf3856ad364e35~amd64~~6.3.1.1, package applicable State: Installed, highest update applicable state: Superseded, resulting applicable state:Superseded

KB2939087 は削除された状態です。

Android の Googleトーク(Google talk authentication)


Android で 「Googleトークの認証に失敗しました」の通知が表示される

こちらに解決方法があります。

「アプリケーションの管理」 – 「すべて」 の “Googleサービスフレームワーク” – 「データを削除」をタップします。また “マーケット” も同様にデータを削除します。Android を再起動させます。

Google talk authentication failed.

You tap “Remove data” in Google Service Framework in Application Management. And You also remove data of Market. You restart your Android.

Windows Update について


Windows 8 で Windows Update に失敗するときの対処法です。

regedit.exe で HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Component Based Servicing\Packages の所有者をSYSTEM から Administrators に変更して、Administrators にフルコントロール権限を追加します。またそれぞれのフォルダーに Administrators フルコントロール権限 を与えます。

  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Component Based Servicing
    に KBxxxxxxx が正しく登録されていることを確認します。HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Component Based Servicing\Packages に Last Error(LastError), LastProgressState の値が存在する場合にこの値を削除します。また CurrentState の値を 0x00000070(112) に書き換えます。HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Component Based Servicing\Packages にApplicabilityState の値が存在する場合は CurrentState と同じ値に設定する、もしくはこの値を削除します。
  • %SystemRoot%\servicing\Packages\wuindex.xml ファイルの保存したうえで、wuindex.xml を削除します。
  • DISM /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth と sfc /scannow を実行します。%SystemRoot%\Logs\CBS.log に [Cannot repair member file] が繰り返し書き込まれる場合は、%SystemRoot%\WinSxS\ の各フォルダーのファイルを手動で置き換えます。expand.exe で msu ファイルを展開し、さらに cab ファイルを展開します。
  • %SystemRoot%\Logs\CBS.log に [PublicKey neutral in the store, file cannot be decompressed] が繰り返し書き込まれる場合は、こちらの記事 を参考にしてください。DISM /Online /Cleanup-Image /StartComponentCleanup を実行してファイルを圧縮(delta compress)します。

Visual Studio のエラー


%SystemRoot%\assembly\GAC_MSIL, %SystemRoot%\Microsoft.NET\assembly\GAC_MSIL フォルダーのファイルが破損したために Visual Studio でエラーが発生する場合があります。GAC_32, GAC_64 フォルダーと、 %SystemRoot%\assembly\NativeImages_v2.0.50727_32, NativeImages_v2.0.50727_64, NativeImages_v4.0.30319_32, NativeImages_v4.0.30319_64 フォルダーのファイルも確認してください。

エクスプローラーで直接 %SystemRoot%\assembly\GAC_MSIL にアクセスするには attrib %SystemRoot%\assembly -R -S を実行する必要があります。元に戻すには attrib %SystemRoot%\assembly +R +S を実行します。

ファイル名について


ファイル名について

2013-11-22T07:00:00+09:00

Windows 8.1 x64, JPN

ファイル名を正しく処理、取得できない

fsutil 8dot3name /s を実行したところ、正しく処理できないファイルとフォルダーがありました。確認したところ、日本語名とスペース(全角/半角) (と英数字)が使われています。

Unicode の処理に問題があるのかもしれません。ログファイルが文字化けしています。

パフォーマンスカウンター、ファイルの履歴(File History)、IMECustomerEvent、HOST/. の不具合もこれが原因かもしれません。

fsutil 8dot3name query C: は ボリュームの状態は 0(8dot3 名の作成は有効です) 、レジストリの状態は 2 です。

Event 513, CAPI2


Windows 8.1 でVSS の起動で Event 513, CAPI2 のエラーログが書き込まれる

暗号化サービスで、システム ライター オブジェクトで OnIdentity() の呼び出しを処理中にエラーが発生しました。

Details:
AddLegacyDriverFiles: Unable to back up image of binary Microsoft Link-Layer Discovery Protocol.

System Error:
アクセスが拒否されました。


%SystemRoot%\registration のアクセス権(ACL)を System, Administrators に「フルコントロール」、Everyone に「読み取りと実行」権限を 「このフォルダーとファイル」に適用します。

VSS System Writerが表示されずバックアップに失敗する – Ask CORE – Site Home – TechNet Blogs を参照してください。

Error source CAPI2 id 513 – Cryptographic Services failed while processing the OnIdentity() call in the System Writer Object:に解決方法があります。サービスのセキュリティ記述子を書き換えます。元のセキュリティ権限を保存したうえで次のコマンドを実行します。

sc sdset MSLLDP D:(D;;CCDCLCSWRPWPDTLOCRSDRCWDWO;;;BG)(A;;CCDCLCSWRPWPDTLOCRSDRCWDWO;;;SY)(A;;CCDCLCSWRPDTLOCRSDRCWDWO;;;BA)(A;;CCDCLCSWRPWPDTLOCRSDRCWDWO;;;SO)(A;;LCRPWP;;;S-1-5-80-3141615172-2057878085-1754447212-2405740020-3916490453)(A;;CCLCSWLOCRRC;;;SU)S:(AU;FA;CCDCLCSWRPWPDTLOCRSDRCWDWO;;;WD)

AccessChkを利用するとサービスのアクセス権を表示することができます。AccessChkをダウンロードして、AccessChk.exe -c MSLLDPを実行します。

Accesschk v5.2 – Reports effective permissions for securable objects
Copyright (C) 2006-2014 Mark Russinovich
Sysinternals – http://www.sysinternals.com

MSLLDP
RW NT AUTHORITY\SYSTEM
RW BUILTIN\Administrators
RW S-1-5-32-549
R NT SERVICE\NlaSvc
R NT AUTHORITY\SERVICE

NT AUTHORITY\SERVICE の権限が不足しているためにこのエラーが発生します。


vssadmin list writers コマンド でVSSの一覧を表示することができます。

VBSスクリプトエンジンのエラーについて


ファイル拡張子 “.vbs” を持つスクリプトエンジンはありません

このエラーが発生する場合の対処法です。vbsファイルとWSHの関連づけが正しく行われていないのが原因の可能性があります。
インストールやアンインストールを行った際に関連づけが解除されることがあります。

Windows Vista 以降のバージョンでは wsh.inf ファイルが存在しません。

  1. vbsファイルを右クリックして 「プログラムから開く」を選択します。
  2. 「参照」をクリックして %systemroot%\system32\wscript.exeを選択します。
  3. 「ファイルを開くプログラムを選択する」を閉じます。

Windows XP

  1. “%systemroot%\inf” の “wsh.inf”ファイルを探します。
  2. 右クリックで「インストール」を選択します。

つぎのようにDLLの再登録によって回避できるようです。

  1. regsvr32 -u vbscript.dll を実行し、解除します。
  2. regsvr32 vbscript.dll を実行し、再登録します。

レジストリーエディターを使用する方法(Windows XP に付属するwsh.infファイルを参考にしています)

  1. regedit.exe を起動します。HKEY_CLASSES_ROOT\VBSFile を選択します。
  2. Shell\Open\command キーを追加します。
  3. (REG_EXPAND_SZ) “%SystemRoot%\System32\WScript.exe” “%1″ %*” 値を追加します。

Androidで「USBストレージまたはSDカードにインストールできませんでした」エラーが表示される


Androidで「USBストレージまたはSDカードにインストールできませんでした」エラーが表示される

Couldn’t install on USB storage or SD card

このエラーは USBストレージまたはSDカードの空き容量が不足している場合に発生しますが、不足していなくても発生する場合があります。

解消されない場合もありますが、次の手順を試してみてください。

  • USBストレージまたはSDカード等の .android_secure フォルダにあるsmdl2tmp1.asec ファイルを削除します。またはこのファイルの名前を変更します。
  • USBストレージまたはSDカードに問題がある可能性があります。エラーチェックを行ってください。または新しいもの別のものと取り換えてみます。
  • Android をリセットします。

原因はわかりませんが、自然に解消する場合があります。ネットワークの状況によりこのエラーが発生することがあります。システムが何かを書き換えるために発生するのではないかと考えています。

Windowsでログオンするとタブレットのエラー


Windowsでログオンすると「タブレットのバージョンが不一致 タブレットドライバを再インストールしてください。」ダイアログが表示される

Wacom

次のファイルを削除してドライバを再インストールしてください。

  • %SystemRoot%\System32\Pen_Tablet.dll
  • %SystemRoot%\System32\Pen_Touch_Tablet.dll
  • %SystemRoot%\System32\WacomMT.dll
  • %SystemRoot%\System32\Wintab32.dll

dllファイル以外に、dlm,dln,dloファイルが存在する場合があります。

%ProgramFiles%\Tablet

パフォーマンスカウンタのエラー


パフォーマンスカウンタを起動するとエラーが発生します

Windows 10用に記事を書き直しました。パフォーマンスカウンターのエラーを参照してください。Windows Vista, Windows XPは以下の記事を参照してください。

Windows ログに次のようなイベントが書き込まれます

  • イベント 3001, LoadPerf
    レジストリのパフォーマンス カウンタ名文字列の値が正しくフォーマットされていません。問題の文字列は n です。この文字列に対するインデックス値は、データ セクションの最初の DWORD に含まれ、最後の有効なインデックス値は、データ セクションの n 番目と n+1 番目の DWORD に含まれています。
  • イベント 3006, Search
    カウンタが読み込まれていないか、共有メモリ オブジェクトを開けなかったため、パフォーマンス モニタを初期化できませんでした。これによって影響されるのは、パフォーマンス モニタのカウンタの使用可能性のみです。コンピュータを再起動してください。
  • イベント 3006, Search
    カウンタが読み込まれていないか、共有メモリ オブジェクトを開けなかったため、Gatherer オブジェクトのパフォーマンス モニタを初期化できませんでした。これによって影響されるのは、パフォーマンス モニタのカウンタの使用可能性のみです。コンピュータを再起動してください。コンテキスト: アプリケーション、 SystemIndex カタログ
  • イベント 10021, Search
    WSearchIdxPi のインスタンス のパフォーマンス カウンタ レジストリを取得できませんでした。次のエラーが発生しました: この操作を正しく終了しました。 0x0。
  • イベント 8317, MSSQL$SQLEXPRESSレジストリ キー ‘HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\MSSQL$SQLEXPRESS\Performance’ に関連付けられている値 ‘First Counter’ をクエリできません。SQL Server パフォーマンス カウンタが無効です。
  • イベント 3009, LoadPerf
    サービス .NETFramework () のパフォーマンス カウンターの文字列をインストールできませんでした。エラー コードがデータ セクションの最初の DWORD に含まれています。
  • イベント 2007, LoadPerf
    .NETFramework サービスのパフォーマンス カウンターを修復できません。LODCTR ツールを使用してパフォーマンス カウンターを手動で再インストールしてください。

イベント 3001, LoadPerf について n は1846の場合が多いようです。

イベント 3009, LoadPerf のサービスについて .NET CLR Data, .NET CLR Networking, .NET Data Provider for Oracle, .NET Data Provider for SqlServer, aspnet_state, Remote Access, UGHTRSVC, usbhub, WSearch, WSearchIdxPi, WSService においても同様のメッセージが書き込まれることがあります。

  • イベント 2001, usbperf
    usbperf\Performance キーの “First Counter” 値を読み取れません。ステータス コードはデータで戻されました。
  • イベント 1008, perflib
    サービス “RemoteAccess” (DLL “C:\Windows\System32\rasctrs.dll”) の Open プロシージャに失敗しました。このサービスのパフォーマンス データは利用できません。データ セクションの最初の 4 バイト (DWORD) に、エラー コードが含まれています。
  • イベント 2001, perflib
    サービス “W3SVC” (DLL “C:\WINDOWS\system32\inetsrv\w3ctrs.dll”) の Open プロシージャに失敗しました。このサービスのパフォーマンス データは利用できません。データ セクションの最初の 4 バイト (DWORD) に、エラー コードが含まれています。
  • イベント 2002, IIS-W3SVC-PerfCounters
    Web サービス カウンターの設定に失敗しました。Web サービス カウンターが正しく登録されていません。

イベント 1008, perflib に関しては、ほかに aspnet_state, ASP.NET_4.0.30319, ASP.NET, .NETFramework も同様のエラーが発生する場合があります。

  • lodctr /R を実行すると エラー 2 が発生します。
  • lodctr /R を実行すると 「パフォーマンス カウンターの設定をシステムのバックアップストアから再構築できませんでした。エラーコードは 5 です。」と表示される。エラー 80078005 が発生します。
  • perfmon /report でエラー:レポートを作成する際に、エラーが発生します。
    アクセスが拒否されました。
  • Windows 8.1 で perfmon /report を実行すると「レポートを作成しようとしてエラーが発生しました。 オペレーターまたは管理者が要求を拒否しました。」 The operator or administrator has refused the request.
    この件については Event 513, CAPI2 の記事を参照してください。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\(Service name)\Performance に First Counter, First Help, Last Counter, Last Help の値が存在しない、または正しく設定されていない場合に発生します[修正]


Vista 以降のバージョン

%SystemRoot%\Inf のサブフォルダーの .ini ファイル, (.h ファイル) を確認します。

Perflib Event ID 1008 1001 1023 2001 on .net asp bits dns esent usbperf(en)に詳しい情報がありますので一度確認してみてください。

.NET CLR Data, WmiApRpl などのフォルダーには 0000, 0409, 0411 または 0000, 0009, 0011 といったフォルダーにそれぞれiniファイルが含まれます。このファイルが欠落しているまたは正しいファイルが配置されていないなどの理由でエラーが発生します(特にイベント 3009, LoadPerf)。

ファイルの末尾が _d.ini のファイルは 親フォルダーの ini ファイルを参照しています。ほとんどの場合 サイズが 1KByte 以下です。そしてファイルの日時が異なりますが同じ内容となっています。

Vista 以降のバージョンでは HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\(name)\PerformanceキーのPerfInFileにパフォーマンスカウンタに使用する.iniファイル名の記載があります。

sfc /scannow を実行します。OS に 付属していないバージョンの .NET Framework をインストールした場合は そのバージョンの .NET Framework を 修復します。依然としてエラーが発生する場合は 手動で以下の作業を行います。

インストールディスク、または %SystemRoot%\Winsxs フォルダーからこのファイルをコピーします。OSに組み込まれている場合(Windows Module Installer, Dismを利用してインストール)、TrustedInstaller にフルコントロール、SYSTEM, Administrators, Users, (ALL APPLICATION PACKAGES) に 読み取りと実行 の権限が与えられています。後からインストールしたもの(Windows Installer)は 親フォルダーから 継承 (SYSTEM, Administrators に フルコントロール、Users, (ALL APPLICATION PACKAGES) に 読み取りと実行) されています。TrustedInstallerのみに フルコントロール 権限が与えられている場合は 一時的に Administrators にフルコントロールを与えるなどアクセス権を変更する必要があります。この場合コマンドプロンプト(管理者)を実行します。
(Windows10/Windows8/8.1cacls (file) /S:”D:PAI(A;;FA;;;S-1-5-80-956008885-3418522649-1831038044-1853292631-2271478464)(A;;0x1200a9;;;BA)(A;;0x1200a9;;;SY)(A;;0x1200a9;;;BU)(A;;0x1200a9;;;AC)”(Windows10/Windows8)
(Windows 7/Windows Vista)cacls (file) /S:”D:PAI(A;;FA;;;S-1-5-80-956008885-3418522649-1831038044-1853292631-2271478464)(A;;0x1200a9;;;BA)(A;;0x1200a9;;;SY)(A;;0x1200a9;;;BU)” を実行してアクセス権を修正します。

_none は 0000, _en-us は 0409 or 0009, _ja-jp は 0411 or 0011 の対応となります。

  • 000=Neutral
  • 001=Arabic
  • 005=Czech
  • 006=Danish
  • 007=German
  • 008=Greek
  • 009=English
  • 00A=Spanish
  • 00B=Finnish
  • 00C=French
  • 00D=Hebrew
  • 00E=Hungarian
  • 010=Italian
  • 011=Japanese
  • 012=Korean
  • 013=Dutch
  • 014=Norwegian
  • 015=Polish
  • 019=Russian
  • 01D=Swedish
  • 01F=Turkish
  • 804=Chinese (PRC)
  • 404=Chinese (Taiwan)
  • 416=Portuguese (Brazil)
  • 816=Portuguese (Portugal)

ロケール ID (LCID) の一覧

フォルダーの中に ファイルが存在しない、空のフォルダーが存在すると lodctr /R を実行したときに First Counter, First Help, Last Counter, Last Help の値が正しく設定されず消去されてしまいます。空のフォルダーを削除してから実行してください。使用している言語以外の対応するフォルダーを削除します。

再び sfc /scannow を実行します。エラーが発生する場合は以下の操作を行います。

Vista 以降のバージョン
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\UGatherer\Performance
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\WmiApRpl\Performance
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\usbhub\Performance

First Counter, First Help, Last Counter, Last Help (REG_DWORD) を追加します。値は 0 で問題ありません。

lodctr /R を コマンドプロンプトから実行します。「情報: パフォーマンス カウンタの設定をシステムのバックアップ ストアから正常に再構築しました」が表示されます。HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\\Performance のFirst Counter, First Help, Last Counter, Last Help の値を確認します。

Windows XPなどVistaより以前のバージョン

lodctr /R:PerfStringBackup.ini を実行します。
Windows XP には Performance キーに PerfIniFile が含まれません。また lodctr /R で再構築することができません。Vista 以降のバージョンのレジストリ情報を元に、lodctr xxxx.ini を実行して First Counter, First Help, Last Counter, Last Help の値を修正します。
主なファイルの一覧です。Performance キーにはファイルのみで、フォルダは含まれません。

  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\.NET CLR Data\Performance, _DataPerfCounters.ini
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\.NET CLR Networking\Performance, _Networkingperfcounters.ini
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\.NET CLR Networking 4.0.0.0\Performance, _Networkingperfcounters.ini
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\WmiApRpl\Performance, %systemroot%\inf\WmiApRpl\WmiApRpl.ini

パフォーマンス カウンター ライブラリの値を手動で再構築する方法http://support.microsoft.com/kb/300956/

最初のカウンター(First Counter), 最初のヘルプ(First Help), 最後のカウンター(Last Counter), 最後のヘルプ(Last Help)の値を削除します。以下の手順に従ってこの値を修正します。


%systemroot%\system32\perf*dat, prf*.dat のアクセス権を修正します。[追加]

  • takeown /F %systemroot%\system32\perf*.dat /A
  • takeown /F %systemroot%\system32\prf*.dat /A
  • icacls %systemroot%\system32\perf*.dat /grant SYSTEM:(F)
  • icacls %systemroot%\system32\perf*.dat /grant Administrators:(F)
  • icacls %systemroot%\system32\perf*.dat /grant Users:(RX)
  • icacls %systemroot%\system32\prf*.dat /grant SYSTEM:(F)
  • icacls %systemroot%\system32\prf*.dat /grant Administrators:(F)
  • icacls %systemroot%\system32\prf*.dat /grant Users:(RX)

perfc009.dat, perfc011.dat などのファイルが含まれます。

lodctr /R

「情報: パフォーマンス カウンタの設定をシステムのバックアップ ストアから正常に再構築しました」と表示されるか確認します。

または インストールディスクから ファイルをコピーします。


フォルダーのアクセス権を確認し、修正します。

  • icacls %systemdrive%\PerfLogs\* /grant SYSTEM:(F)
  • icacls %systemdrive%\PerfLogs\* /grant Administrators:(F)
  • icacls %systemdrive%\PerfLogs\* /grant “Performance Log Users”:(OI)(RX,WD,AD)
  • icacls %systemdrive%\PerfLogs\* /grant Users:(F)

%systemroot%\PLA\ のACLを継承させます。

  1. Explorer で %systemroot%\PLA\System\ に NT Service\pla をアクセス許可の変更、所有者の変更を除く 権限 を「サブフォルダとファイルのみ」を指定して追加します。
  2. %systemroot%\PLA\System フォルダのLAN Diagnostics.xml, System Diagnostics.xml, System Performance.xml, Wireless Diagnostics.xml にそれぞれ Performance Log Users を追加します。
    icacls %systemroot%\PLA\System\*.xml /grant Performance Log Users:(RX)

%systemroot%\PLA\System フォルダのxmlファイルのアクセス権限が、信頼性とパフォーマンスモニタの「データコレクタセット」-「システム」の各項目の「プロパティ」-「セキュリティ」タブに表示されます。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services のサブキー に Disable Performance Counters が含まれる場合は、値を0に設定するか、この値を削除します。


RAC Agent

継承したアクセス権以外に次の権限を追加します。

  1. icacls %programdata%\Microsoft\RAC\PublishedData\* /grant “LOCAL SERVICE:(M)
  2. icacls %programdata%\Microsoft\RAC\StateData\* /grant “LOCAL SERVICE:(M)

このエラーによるシステムへの影響

正しく構成されていないと システムが不安定になったり、OSの動作が遅くなったりします。単に パフォーマンスカウンタのエラー だけでなく、Windows Update でシステムファイルが更新されないなどの不具合につながるおそれがあります。

Search.Mapi2Handler.1 エラー


イベントビュアーを起動して、Windows ログのアプリケーションに
イベント 3083, Search
プロトコル ハンドラ Search.Mapi2Handler.1 を読み込めませんでした。エラーの説明: クラスが登録されていません

レジストリが不足している場合に発生します。次のレジストリを付け加えることで問題が解決します。

Windows Registry Editor Version 5.00
[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{9E175BAF-F52A-11D8-B9A5-505054503030}]
@=”Windows Search Service Office Outlook Protocol Handler”
[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{9E175BAF-F52A-11D8-B9A5-505054503030}\InprocServer32]
@=hex(2):25,00,73,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,72,00,6f,00,6f,00,74,00,25,\
00,5c,00,73,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,33,00,32,00,5c,00,6d,00,73,00,\
73,00,70,00,68,00,2e,00,64,00,6c,00,6c,00,00,00
“ThreadingModel”=”Both”
[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{9E175BAF-F52A-11D8-B9A5-505054503030}\ProgID]
@=”Search.MAPI2Handler.1″
[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{9E175BAF-F52A-11D8-B9A5-505054503030}\VersionIndependentProgID]
@=”Search.MAPI2Handler”

この内容をregファイルに保存してインポート(統合)します。

Search.Mapi2Handler.1 で検索してください。

MSDTC エラー


ID 4407,4163 などエラーが発生する。Windows 2000 となっていますが Vista/7 にも関連があるようです。

Windows 2000 ベース コンピューター上のトランザクション トレースと MSDTC に接続マネージャー エラーのトレースに関する情報(http://support.microsoft.com/kb/898918/ja)

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\MSDTC にキーを追加します。

comexp.msc[コンポーネント サービス] 「コンソールルート」-「コンポーネントサービス」-「コンピュータ」-「マイコンピュータ」-「COM+ アプリケーション」を選択したときにエラーが発生していましたが、レジストリを変更したところ発生しなくなりました。

さらに診断トレースを有効にするには

Windows Vista ベースのコンピューターに MS DTC の診断トレースを有効にする方法
http://support.microsoft.com/kb/926099/ja

この文章を参考にレジストリを変更、追加しました。

[FIX]、分散トランザクション コーディネーター サービスのセキュリティ設定が既定の設定に戻す (http://support.microsoft.com/kb/918327/ja)

この文章を参考に 「コンソールルート」-「コンポーネントサービス」-「コンピュータ」-「マイコンピュータ」-「Distributed Transaction Coordinator」-「ローカル DTC」プロパティの設定を行います。

x64 の場合は HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\MSDTC に同様に追加します。