記憶域の使用状況とアプリのリセット


Windows 10 Build 14393 で 「設定」-「アプリと機能」 の各アプリの「詳細オプション」 – 「記憶域の使用状況とアプリのリセット」 「リセット」ボタンを押してリセットして、再びアカウントを追加しようとしたところ、0x80070422 エラーが発生するようになりました。

メール/カレンダー アプリにアカウントを追加する際に 0x80070422 エラーが発生して追加できません。


HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\Services\OneSyncSvc\DisplayName, HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\Services\OneSyncSvc_xxxxxx\DisplayName, HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\OneSyncSvc\DisplayName, HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\OneSyncSvc_xxxxxx\DisplayName の値を Sync Host_xxxxxx に変更します。Windowsを再起動します。日本語版の場合は ホストの同期_xxxxxx に変更されます。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\OneSyncSvc, HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\OneSyncSvc_xxxxxx のStart の値を 2 に設定します。4から2に変更します。Windows を再起動させます。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\Services\OneSyncSvc\ と HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\OneSyncSvc\ に SvcHostSplitDisable[DWORD:1]を追加します。

吾唯足知 Windows10のメールアカウント設定 こちらのサイトに詳細があります。


(Service name)_xxxxxx と DisplayName[name] の関係 (xxxxxx はWindowsを再起動させるたびに変わります。それぞれ同じ)
  • CDPUserSvc_xxxxxx [CDPUserSvc_xxxxxx]
  • MessagingService_xxxxxx [MessagingService_xxxxxx]
  • OneSyncSvc_xxxxxx [ホストの同期_xxxxxx] or [Sync Host_xxxxxx]
  • PimIndexMaintenanceSvc_xxxxxx [Contact Data_xxxxxx]
  • UnistoreSvc_xxxxxx [User Data Storage_xxxxxx]
  • UserDataSvc_xxxxxx [User Data Access_xxxxxx]
  • WpnUserService_xxxxxx [Windows プッシュ通知ユーザー サービス_xxxxxx] or [Windows Push Notifications User Service_xxxxxx]

各サービスが起動していない場合は同様の手順で修正しで正しく起動しているか確認します。

広告

Windows Insider Program


Windows Insider Program で新しいBuildを受け取れなくなった時、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\WindowsSelfHost\Applicability キーの値を削除すると受け取れるようになります。

EFS Event 4401


Windows 10 Redstone 1 でEFSに関するエラーが書き込まれます。

Event ID 4401
EFS service failed to provision a user for EDP. Error code: 0x80070005.

次のコマンドを実行します。

sc sdset MSLLDP D:(D;;CCDCLCSWRPWPDTLOCRSDRCWDWO;;;BG)(A;;CCDCLCSWRPWPDTLOCRSDRCWDWO;;;SY)(A;;CCDCLCSWRPDTLOCRSDRCWDWO;;;BA)(A;;CCLCSWRPWPDTLOCRRC;;;SO)(A;;LCRPWP;;;S-1-5-80-3141615172-2057878085-1754447212-2405740020-3916490453)(A;;CC;;;S-1-5-80-242729624-280608522-2219052887-3187409060-2225943459)

元のSID

sc sdshow MSLLDP

D:(D;;CCDCLCSWRPWPDTLOCRSDRCWDWO;;;BG)(A;;CCDCLCSWRPWPDTLOCRSDRCWDWO;;;SY)(A;;CCDCLCSWRPDTLOCRSDRCWDWO;;;BA)(A;;CCDCLCSWRPWPDTLOCRSDRCWDWO;;;SO)(A;;LCRPWP;;;S-1-5-80-3141615172-2057878085-1754447212-2405740020-3916490453)(A;;CCLCSWLOCRRC;;;SU)S:(AU;FA;CCDCLCSWRPWPDTLOCRSDRCWDWO;;;WD)

Event 4401: EFS service failed to provision a user for EDP

Cryptographic Services failed while processing the – Microsoft Community

Apple ID のセキュリティ質問


2016年7月30日 現在の情報です

Apple ID のセキュリティ質問を忘れてしまったのでAppleでリセットしてもらいました。Apple IDのサイトからPINコードを取得します。ただセキュリティ質問のうち一つは一致しないとリセットできないという事実が分かりました。

Apple IDのサイトから再設定を行いましたが、3つ目の質問を入力すると「アップデート」「続ける」ボタンをクリックしなくても自動的にダイアログボックスが閉じて登録されました。注意が必要です。

Windows Build 14393


Windows 10 Redstone 1 公開前にISOファイルをダウンロードしたところWindows Build 14393 64ビットのセットアップでは「個人用ファイルとアプリを引き継ぐ」が選択できないようです。

[2016-07-31]

Xamarin Android project


Visual Studio で Xamarin Android プロジェクトをビルドすると、”warning XA0101: @(Content) build action is not supported” が表示される

Xamarin for Visual Studio をアップデートしてプロジェクトを作り直したところエラーが発生しなくなりました。

Android Factory Image


Nexus 7 2012 Wi-fi でファクトリーイメージを焼く方法です。

  1. Factory Images for Nexus Device からイメージ(LMY47V)をダウンロードします。
  2. USBケーブルを接続します。Nexus 7 の電源をオフにします。音量小ボタン電源ボタンを押し続けます。または
    adb reboot bootloader

    を実行します。Startの文字が表示されます。

  3. zipファイルを展開します。
  4. fastboot flashing unlock

    または

    fastboot oem unlock を実行します。
  5. flash-allを実行します。再起動します。
  6. adb reboot bootloaderを実行します。
  7. fastboot flashing lock

    または

    fastboot oem lock

    を実行します。

Ubuntu kernel


Ubuntu でカーネルに問題があるために起動できなくなった時の対処法です。

Live CDからUbuntuを起動します。Try Ubuntu without installingを選択します。端末(Terminal)を開きます。

sudo mount /dev/sdXX /mnt

を実行します。sdXXは対応するドライブを指定します。

sudo mount --bind /dev /mnt/dev
sudo mount --bind /proc /mnt/proc
sudo mount --bind /sys /mnt/sys
sudo chroot /mnt
cp /etc/resolv.conf /mnt/etc/resolv.conf
apt-get install linux-image-generic

を実行します。以下のエラーメッセージが表示される場合があります。

ImportError: No module named gi

sudo nano /usr/bin/gnome-tweak-tool

を実行します。

exit
sudo umount /mnt/sys
sudo umount /mnt/proc
sudo umount /mnt/dev
sudo umount /mnt
sudo reboot

http://askubuntu.com/questions/28099/how-to-restore-a-system-after-accidentally-removing-all-kernels

http://askubuntu.com/questions/80448/what-would-cause-the-gi-module-to-be-missing-from-python

マルウェア検出


マルウェアを検出して除去しました。

BrowserModifier:Win32/Diplugem

Multiplug: C:\ProgramData\gioknhkjhdkenicdgggckjfohfibkogp
Multiplug: C:\ProgramData\gioknhkjhdkenicdgggckjfohfibkogp\background.html
Multiplug: C:\ProgramData\gioknhkjhdkenicdgggckjfohfibkogp\content.js
Multiplug: C:\ProgramData\gioknhkjhdkenicdgggckjfohfibkogp\GsY.js
Multiplug: C:\ProgramData\gioknhkjhdkenicdgggckjfohfibkogp\lsdb.js
Multiplug: C:\ProgramData\gioknhkjhdkenicdgggckjfohfibkogp\manifest.json
Multiplug: C:\ProgramData\ibckoadhmobidmamoalihmlghcfienpc
Multiplug: C:\ProgramData\ibckoadhmobidmamoalihmlghcfienpc\background.html
Multiplug: C:\ProgramData\ibckoadhmobidmamoalihmlghcfienpc\content.js
Multiplug: C:\ProgramData\ibckoadhmobidmamoalihmlghcfienpc\lsdb.js
Multiplug: C:\ProgramData\ibckoadhmobidmamoalihmlghcfienpc\manifest.json
Multiplug: C:\ProgramData\ibckoadhmobidmamoalihmlghcfienpc\zBieF.js

Android AOSP


Building the System | Android Open Source Projectの手順に従って、Nexus 7 (Wi-Fi), nakasi (grouper)のビルドを行ったところ次のエラーが発生しました。

File “../base/android/jni_generator/jni_generator.py”, line 212, in ParseJavaPSignature
return ‘”%s”‘ % signature_line[signature_line.index(prefix) + len(prefix):]
ValueError: substring not found
make: *** [out/target/product/generic/obj/GYP/shared_intermediates/content/jni/HashSet_jni.h] Error 1
make: *** …
Traceback (most recent call last):
File “../base/android/jni_generator/jni_generator.py”, line 1527, in
sys.exit(main(sys.argv))
File “../base/android/jni_generator/jni_generator.py”, line 1518, in main
GenerateJNIHeader(input_file, output_file, options)
File “../base/android/jni_generator/jni_generator.py”, line 1401, in GenerateJNIHeader
jni_from_javap = JNIFromJavaP.CreateFromClass(input_file, options)
File “../base/android/jni_generator/jni_generator.py”, line 652, in CreateFromClass
jni_from_javap = JNIFromJavaP(stdout.split(‘\n’), options)
File “../base/android/jni_generator/jni_generator.py”, line 600, in __init__
signature=JniParams.ParseJavaPSignature(contents[lineno + 1]))]
File “../base/android/jni_generator/jni_generator.py”, line 212, in ParseJavaPSignature
return ‘”%s”‘ % signature_line[signature_line.index(prefix) + len(prefix):]
ValueError: substring not found
make: *** [out/target/product/generic/obj/GYP/shared_intermediates/content/jni/MotionEvent_jni.h] Error 1

その後ソースコードをダウンロードしなおしたところ問題なくビルドできました。

コントロールパネルの項目


アプリケーションをアンインストールした際にコントロールパネルにアイコンが残ったままになった時の対処法です

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\ControlPanel\NameSpace\{GUID} を参照します。(既定)の値を参照して該当する項目を見つけて削除します。

FSCTL_GET_VOLUME_BITMAP


When they specify the FSCTL_GET_VOLUME_BITMAP to DeviceIoControl function, The value 0 is returned. Also ERROR_INVALID_FUNCTION(1) is returned by GetLastError().

When they specify the GENERIC_READ to dwDesiredAccess of CreateFileW, it can not get the HANDLE.


DeviceIoControl に FSCTL_GET_VOLUME_BITMAP を指定すると 戻り値が0になり、GetLastError()が ERROR_INVALID_FUNCTION (1)を返します

CreateFileW の dwDesiredAccess に対して GENERIC_READ を指定すると HANDLE を取得できない。

Windows 10 x64で発生しています。

Windows Store Apps Package


Windows Store アプリを PowerShell から削除する方法です

How to Remove Windows 8.1 Store Apps with PowerShell

  1. PowerShellを起動します
  2. get-appxpackage –Name “???” でストアアプリのPackageFullNameを確認します。
  3. remove-appxpackage “(PackageFullName)” –confirm を実行します。

AutoGenerateBindingRedirects


[(0,0)]: Info: 競合を解決して警告を消去するために、app.config でアセンブリ “System.Runtime, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a” をバージョン “4.0.0.0” [C:\Program Files (x86)\Reference Assemblies\Microsoft\Framework\.NETFramework\v4.5\Facades\System.Runtime.dll] からバージョン “4.0.10.0” [] にマップし直してください。
[C:\Program Files (x86)\MSBuild\14.0\bin\amd64\Microsoft.Common.CurrentVersion.targets(1819,5)]: Warning: 同じ依存アセンブリの異なるバージョン間で競合が見つかりました。プロジェクト ファイルで “AutoGenerateBindingRedirects” プロパティを true に設定してください。詳細については、http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=294190 を参照してください。
[(0,0)]: Info: Patch for assembly [(ProjectName), Version=1.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=null]
[(0,0)]: Info: (ProjectName).Windows -> xxx.exe

方法: 自動バインディング リダイレクトを有効/無効にする に従い、AutoGenerateBindingRedirectsをfalseに設定します。

プロセッサ アーキテクチャ


C:\Program Files (x86)\MSBuild\12.0\bin\Microsoft.Common.CurrentVersion.targets(1697,5): warning MSB3270: 構築されているプロジェクトのプロセッサ アーキテクチャ “MSIL” と、参照 “.dll” のプロセッサ アーキテクチャ “x86” の間には不一致がありました。この不一致は、ランタイム エラーを発生させる可能性があります。プロジェクトと参照の間でプロセッサ アーキテクチャが一致するように、構成マネージャーを使用してターゲットとするプロジェクトのプロセッサ アーキテクチャを変更するか、ターゲットとするプロジェクトのプロセッサ アーキテクチャに一致するプロジェクト アーキテクチャとの依存関係を参照で設定することを検討してください。

C# Windows フォーム アプリケーション プロジェクト の プロパティー、「ビルド」 タブ – 「プラットフォームターゲット」を Any CPU から x86 または x64 に変更すると発生しなくなります。