カテゴリー別アーカイブ: Programming

Unity Input System, Change key


Unity Input Systemでキーの割り当てを変更する方法です。InputAction.ApplyBindingOverrideを使用して変更します。詳しくはhttps://www.setokynet.com/blog/2020/07/14/unity-input-system/

Visual Studio Code, Flutter


Visual Studio Code で Flutter を利用したAndroidアプリを作成する方法です。

  1. Visual Studio Code の拡張機能から Dart と Flutter をインストールします。
  2. 「表示」-「コマンドパレット」または Ctrl + Shift + P でコマンドパレットを開きます。“Flutter: New Project” を選択します。
  3. 「実行」の「構成を開く」を選択して launch.json ファイルを開きます。
    configurations を空にします。
  4. Android Emulator を開きます。
  5. 「実行」-「デバッグの開始」を選択します。

 

 

Visual Studio Code,React Native


Visual Studio CodeでReact NativeのAndroidアプリをデバッグする方法です。

npm install -g react-native-cliを実行してReact-Native-Cli をインストールします。

Visual Studio Code の 「ターミナル」-「新しいターミナル」を実行してアプリを作成するフォルダーに移動します。react-native init Appを実行します。Appの箇所は任意です。

  1. 拡張機能の React Native Tools をインストールします。
  2. 「実行」の「構成を開く」を選択して launch.json ファイルを開きます。
  3. configurations の内容を削除します。”React Native: エミュレーター上でのAndroidの実行”を選択します。launch.jsonは次のようになります。
    {
    // IntelliSense を使用して利用可能な属性を学べます。
    // 既存の属性の説明をホバーして表示します。
    // 詳細情報は次を確認してください: https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=830387
    "version": "0.2.0",
    "configurations": [
    {
    "name": "Debug Android",
    "cwd": "${workspaceFolder}",
    "type": "reactnative",
    "request": "launch",
    "platform": "android"
    },
    ]
    }

    上記の設定を行わないと「属性 ‘Program’ が絶対(‘extension-output-#6’)ではありません。絶対的なものにするには、プレフィックスとして ‘${WorkspaceFolder}/’ を追加することを考慮してください」のエラーダイアログが表示されます。
  4. App.Js ファイルを開きます。
  5. Android Emulator を開きます。
  6. 「表示」-「コマンドパレット」または Ctrl + Shift + P でコマンドパレット開きます。
  7. “React Native: デバイス上での Android の実行” を選択します。またはターミナルからreact-native run-androidを実行します。
Powershellで 「react-native : このシステムではスクリプトの実行が無効になっているため、ファイル C:\Users\(username)\AppData\Roaming\npm\react-native.ps1 を読み込むことができ
ません。詳細については、「about_Execution_Policies」(https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=135170) を参照してください。
発生場所 行:1 文字:1
+ react-native run-android」が発生する場合は実行ポリシーを Restrictedから RemoteSigned に変更します。PowerShell Set-ExecutionPolicy RemoteSignedを実行します。
App.js ファイルの const App: () => React$Nodeの箇所で 「any Type annotations can only be used in TypeScript files.ts(8010))」が発生する場合は、settings.json ファイルに "javascript.validate.enable": falseを挿入します。

Android Studio, SDK Manager menu


Android Studio の Tools メニューで ADK Manager, SDK Manager, Firebase などメニューが表示されない

画面の右下に表示される Framework detected ダイアログの more.. を選択して OK をクリックすると表示されるようになります。

Android Studio, dart, Hard wrap


Android Studio のエディターでdartコードの折り返しを調整する方法です。

File – Settings- Editor – Code Style – Dart の dartfmt タブを選択して Use The dartfmt tools when formatting the whole file のチェックを外します。

Wrapping and Braces タブを選択して Hard wrap at の数値を変更します(既定は80)。120に設定するとコードの1行が120字を超えたときに自動的に改行されます。Containerなどネストが深くなった時にコードが縦長になりにくくなります。

GradleException, androidx.annotation.NonNull


Android StudioでFlutterアプリを作成すると、android/app/build.gradle ファイルの GradleException の箇所、android/app/src/kotlin/ 以下の MainActivity.kt ファイルの androidx.annotation.NonNull の箇所、android/app/src/main/java/io.flutter/plugins/GeneratedPluginRegistrant.java ファイルの import androidx.annotation.Keep の Keep の箇所がそれぞれ赤字で表示されエラーが発生する。

Gradle project sync failed. が発生する。Frameworks Detected. が表示されない。Gradleでサポートされていないプロジェクト 等が表示される。

  1. File – Settings – Kotlin Compiler の Kotlin to JVM – Target JVM Version を 1.6 から 1.8 に変更します。プロジェクトを開きなおします。
  2. File – Project Structure… の Project Setting – Project の Project SDK を <NO SDK> の場合に Android API 28 Platform などに変更します。
  3. android/gradle.properties ファイルを android/app ディレクトリーにコピーします。またはgradle.propertiesを作成します。
  4. プロジェクト内の android/gradle ディレクトリーを android/app// (ProjectRoot) にコピーします。gradle-wrapper.jar ファイルとgradle-wrapper.properties ファイルが含まれます。
  5. プロジェクト内の /.idea, /.dart_tool, /android/.idea, /android/.gradle ディレクトリーを削除します。キャッシュフォルダーと思われますので削除しても問題は発生しません。
  6. %userprofile% の .Android Studio 3.5/system/cache, .gradle ディレクトリーを削除します。

GradleException のエラーは依然として発生する場合があります。app/build.gradleファイルの def flutterRoot の個所を次のように書き換えると発生しなくなります。

def flutterRoot = localProperties.getProperty('flutter.sdk')
if (flutterRoot == null) {
    throw new FileNotFoundException("Flutter SDK not found. Define location with flutter.sdk in the local.properties file.")
    // throw new GradleException("Flutter SDK not found. Define location with flutter.sdk in the local.properties file.")
}



gradle.properties


org.gradle.jvmargs=-Xmx1536M
android.enableR8=true
android.useAndroidX=true
android.enableJetifier=true


以前の投稿です。

Tools – Flutter – Open for Editing in Android Studio を選択します。This Window で問題ないようです。

File – Settings – Kotlin Compiler の Kotlin to JVM – Target JVM Version を 1.6 から 1.8 に変更します。プロジェクトを開きなおします。

File – Project Structure… の Project Setting – Project の Project SDK を <NO SDK> の場合に Android API 28 Platform などに変更します。

File – Invalidate Chches / Restart を選択して Invalidate を実行します。


こちらのサイトの情報 (https://stackoverflow.com/questions/56607089/new-gradle-sync-is-not-supported-due-to-containing-kotlin-modules-using-an-unsup)が参考になりました。なかなか見つからなかった。 

Flutter, build.gradle Release


key.properties


keyAlias='key'
keyPassword='<password from previous step>'
storeFile='<location of the key store file, such as /Users//key.jks>'
storePassword='<password from previous step>'

android/app/build.gradle


.....
def keystoreProperties = new Properties()
def keystorePropertiesFile = rootProject.file('key.properties')
if (keystorePropertiesFile.exists()) {
keystoreProperties.load(new FileInputStream(keystorePropertiesFile))
}
.....
signingConfigs {
release {
keyAlias keystoreProperties['keyAlias']
keyPassword keystoreProperties['keyPassword']
storeFile file(keystoreProperties['storeFile'])
storePassword keystoreProperties['storePassword']
}
}

buildTypes {
release {
signingConfig signingConfigs.release
minifyEnabled true
useProguard true

proguardFiles getDefaultProguardFile('proguard-android.txt'), 'proguard-rules.pro'
}
}
.....

Build – Flutter – Build APK を実行すると、flutter storefile path may not be null or empty string. path=’null’ エラーが発生してAPKファイルが生成されません。

(yourProject)/android/app ディレクトリーと (yourProject)/android ディレクトリーに key.properties ファイルと key.jks ファイルを配置します。build.gradle ファイルと同じディレクトリーにそれぞれ配置します。


セキュリティリーの問題がありますが直接指定する方法もあります。


keyAlias 'key'
keyPassword '<password from previous step>'
storeFile file('key.jks')
storePassword '<password from previous step>'

<password from previous step>‘, ‘<password from previous step>‘ 等は実際に使用するパスワードに置き換えます。

Google Play License Verification (LVL)


Android Studio 3.5 でGoogle Play License Verification (LVL) をインポートする方法です。

  1. File – New – Import Module .. を選択して Source directory: に [ANDROID_SDK]/extras/google/market_licensing/library を指定します。Finishをクリックします。プロジェクト内にlibrary ディレクトリーが作成され、インポートされます。
  2. library/src/main/java/com を android/app/src/main/java/com にコピーします。
  3. AndroidManifest.xmlに次の要素を追加します。
<!-- Devices >= 3 have version of Google Play that supports licensing. -->
<uses-sdk android:minSdkVersion="3" />
<!-- Required permission to check licensing. -->
<uses-permission android:name="com.android.vending.CHECK_LICENSE" />

Visual Studio, Debugger


Visual Studio でデバッガーの起動が遅くなった。

プロジェクトのフォルダー内の .vs ディレクトリーを削除します。

Flutter


Android Studioで実機に接続できない

flutter doctor を実行してライセンスに問題がある場合に flutter doctor --android-licensesを実行してすべてyesを選択します。RSA 鍵を受け入れる を選択します。

Microsoft Angel


Visual Studio 2017用に Microsoft Angel (https://github.com/Microsoft/angle) を修正したものを公開しました。

https://github.com/setokynet/vs2017-winrt-angel_opengl

詳細はこちらのページを参照してください。

XmlDocument, Namespace


既定の名前空間として xmlns=””が出力される


XmlDocument _xmldocument = new XmlDocument();
XmlElement _xmlelement = _xmldocument.Create("root","http://www.setokynet.com/");
_xmldocument.AppendChild(_xmlelement);
XmlElement _item = _xmldocument.Create("item");
_xmlelement.AppendChild(_item);
XmlElement _item2 = _xmldocument.Create("item", "http://www.setokynet.com/");
_xmlelement.AppendChild(_item2);
XmlElement _item3 = _xmldocument.Create("item", _xmldocument.DocumentElement.NamespaceURI);
_xmlelement.AppendChild(_item3);


<root xmlns="http://www.setokynet.com/">
<item xmlns="" />
<item xmlns="http://www.setokynet.com/" />
<item />
</root>

子要素についてDocumentElementの名前空間を使用する場合、_xmldocument.DocumentElement.NamespaceURI (_xmlelement.NamespaceURI)を指定します。

D8021, /Wextra


Cmakeを利用して生成したVisual Studioのソリューション(.sln)でビルドを行うと D8021:invalid numeric argument ‘/Wextra’ が発生してビルドできない

例えば次のように
set(CMAKE_CXX_FLAGS_DEBUG “${CMAKE_CXX_FLAGS_DEBUG} -Wall -Wextra -Wundef”)
となっている個所を
if(CMAKE_COMPILER_IS_GNUCXX)
set(CMAKE_CXX_FLAGS_DEBUG “${CMAKE_CXX_FLAGS_DEBUG} -Wall -Wextra -Wundef”)
endif(CMAKE_COMPILER_IS_GNUCXX)
のようにif-endifで囲むとVisual Studioで正しくビルドを行うことができるようになります。Wextra はgccで使用されます。

Android AOSP


Building the System | Android Open Source Projectの手順に従って、Nexus 7 (Wi-Fi), nakasi (grouper)のビルドを行ったところ次のエラーが発生しました。

File “../base/android/jni_generator/jni_generator.py”, line 212, in ParseJavaPSignature
return ‘”%s”‘ % signature_line[signature_line.index(prefix) + len(prefix):]
ValueError: substring not found
make: *** [out/target/product/generic/obj/GYP/shared_intermediates/content/jni/HashSet_jni.h] Error 1
make: *** …
Traceback (most recent call last):
File “../base/android/jni_generator/jni_generator.py”, line 1527, in
sys.exit(main(sys.argv))
File “../base/android/jni_generator/jni_generator.py”, line 1518, in main
GenerateJNIHeader(input_file, output_file, options)
File “../base/android/jni_generator/jni_generator.py”, line 1401, in GenerateJNIHeader
jni_from_javap = JNIFromJavaP.CreateFromClass(input_file, options)
File “../base/android/jni_generator/jni_generator.py”, line 652, in CreateFromClass
jni_from_javap = JNIFromJavaP(stdout.split(‘\n’), options)
File “../base/android/jni_generator/jni_generator.py”, line 600, in __init__
signature=JniParams.ParseJavaPSignature(contents[lineno + 1]))]
File “../base/android/jni_generator/jni_generator.py”, line 212, in ParseJavaPSignature
return ‘”%s”‘ % signature_line[signature_line.index(prefix) + len(prefix):]
ValueError: substring not found
make: *** [out/target/product/generic/obj/GYP/shared_intermediates/content/jni/MotionEvent_jni.h] Error 1

その後ソースコードをダウンロードしなおしたところ問題なくビルドできました。

FSCTL_GET_VOLUME_BITMAP


When they specify the FSCTL_GET_VOLUME_BITMAP to DeviceIoControl function, The value 0 is returned. Also ERROR_INVALID_FUNCTION(1) is returned by GetLastError().

When they specify the GENERIC_READ to dwDesiredAccess of CreateFileW, it can not get the HANDLE.


DeviceIoControl に FSCTL_GET_VOLUME_BITMAP を指定すると 戻り値が0になり、GetLastError()が ERROR_INVALID_FUNCTION (1)を返します

CreateFileW の dwDesiredAccess に対して GENERIC_READ を指定すると HANDLE を取得できない。

Windows 10 x64で発生しています。