作成者別アーカイブ: setokynet

Flutter, build.gradle Release


key.properties


keyAlias='key'
keyPassword=<password from previous step>
storeFile=<location of the key store file, such as /Users//key.jks>
storePassword=<password from previous step>

app/build.gradle


def keystoreProperties = new Properties()
def keystorePropertiesFile = rootProject.file('key.properties')
if (keystorePropertiesFile.exists()) {
keystoreProperties.load(new FileInputStream(keystorePropertiesFile))
}

signingConfigs {
release {
keyAlias keystoreProperties[‘keyAlias’]
keyPassword keystoreProperties[‘keyPassword’]
storeFile file(keystoreProperties[‘storeFile’])
storePassword keystoreProperties[‘storePassword’]
}
}

buildTypes {
release {
signingConfig signingConfigs.release
minifyEnabled true
useProguard true

proguardFiles getDefaultProguardFile(‘proguard-android.txt’), ‘proguard-rules.pro’
}
}

こちらを設定しても Build – Flutter – Build APK を実行すると、flutter storefile path may not be null or empty string. path=’null’ エラーが発生してAPKファイルが生成されません。

(rootPorject(your jroject))/android/app/key.jks を設置して、

keyAlias 'key', keyPassword '<password from previous step>', storeFile file('key.jks'), storePassword '<password from previous step>'

と直接指定すると正しく生成できるようになりました。''等は実際に使用するパスワードに置き換えます。

私の使用しているPC環境の問題かもしれません。passwordが流出することはないと思います。

Google Play License Verification (LVL)


Android Studio 3.5 でGoogle Play License Verification (LVL) をインポートする方法です。

  1. File – New – Import Module .. を選択して Source directory: に [ANDROID_SDK]/extras/google/market_licensing/library を指定します。Finishをクリックします。プロジェクト内にlibrary ディレクトリーが作成され、インポートされます。
  2. library/src/main/java/com を android/app/src/main/java/com にコピーします。
  3. AndroidManifest.xmlに次の要素を追加します。
<!-- Devices >= 3 have version of Google Play that supports licensing. -->
<uses-sdk android:minSdkVersion="3" />
<!-- Required permission to check licensing. -->
<uses-permission android:name="com.android.vending.CHECK_LICENSE" />

Flutter, ‘which requires SDK version’ message


Windows の Android Studio で pubspec.yaml に、xml: ^3.6.0 を追加し、dartファイルに import 'package:xml/xml.dart' as xml;を追加すると次のようなエラーメッセージが表示されます。

The current Dart SDK version is 2.5.0.

Because (appname) depends on xml >=3.6.0 which requires SDK version >=2.6.0 <3.0.0, version solving failed.
Running "flutter pub get" in (appname) …
pub get failed (1)

次のコマンドをそれぞれ実行しました。

  • flutter doctor -v
  • flutter upgrade
  • flutter pub get
  • flutter channel master
  • flutter -v
  • flutter upgrade
  • flutter pub get

flutter -vを実行したところ

Checking Dart SDK version...
Downloading Dart SDK from Flutter engine (hash hex?)...
Unzipping Dart SDK...
Building flutter tool...
Running pub upgrade...
Manage your Flutter app development.
が表示されてダウンロードが始まりました。その後エラーメッセージが表示されなくなりました。2019-12-01の時点で xml: ^3.6.0は指定できないので xml: ^3.5.0を指定することになりました。
Because every version of flutter_test from sdk depends on xml 3.5.0 and xskytools_compact_app depends on xml ^3.6.0, flutter_test from sdk is forbidden.
So, because (appname) depends on flutter_test any from sdk, version solving failed.

Visual Studio, Debugger


Visual Studio でデバッガーの起動が遅くなった。

プロジェクトのフォルダー内の .vs ディレクトリーを削除します。

Windows 10 1903


2019年10月25日にWindows Updateを通じて Windows 10 1903 (Windows 10 May 2019 Update)のダウンロードが始まりました。Windows10 Media Creation Tool、ISOファイルからインストールすることも可能ですが、Windows Updateの配布を待ったほうがより安定した状態で使用できます。強制的に始まったPCと「今すぐダウンロードしてインストールする」をクリックしてから始まったPCが存在しました。いつの間にか「Windows 10 Version 1903の機能更新プログラム まもなく、Windows 10 May 2019 Updateがリリースされます。… 」 「詳細はこちら」ボタンが「今すぐダウンロードしてインストールする」に代わっていました。

Windows Updateでは失敗してWindows10 Media Creation Toolで成功したPC、反対にWindows10 Media Creation Toolでは失敗してWindows Updateでは成功したPCもありましたが、無事 Windows 10 1903 に更新できました。

Windows 10 1909のインストールも無事完了しました。再起動後にもう一度再起動します。

Flutter


Android Studioで実機に接続できない

flutter doctor を実行してライセンスに問題がある場合に flutter doctor --android-licensesを実行してすべてyesを選択します。RSA 鍵を受け入れる を選択します。

Event 10035, COM


COM 標準マーシャラーが、サーバーによって提供された IID {618736E0-3C3D-11CF-810C-00AA00389B71} と、クライアントによって要求された IID {00020400-0000-0000-C000-000000000046} の不一致を解決できませんでした。ハンドラー: CLSID {01610BB8-0D38-0161-0000-000000000000}。エラー コードは 0x800401fd です。

HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{0000030B-0000-0000-C000-000000000046}\InprocServer32 の既定の値をcoml2.dll から C:\Windows\System32\coml2.dll に、HKEY_CLASSES_ROOT\WOW6432Node\CLSID\{0000030B-0000-0000-C000-000000000046}\InprocServer32 の既定の値を coml2.dll から C:\Windows\SysWOW64\coml2.dll にそれぞれ変更します。

CLSID が {00F657F8-5978-00F6-0000-00004C0D0677} に代わって依然としてエラーが発生する場合があります。

Event 10016, CLSID


アプリケーション固有 のアクセス許可の設定では、CLSID
{2593F8B9-4EAF-457C-B68A-50F6B8EA6B54}
および APPID
{15C20B67-12E7-4BB6-92BB-7AFF07997402}
の COM サーバー アプリケーションに対するローカルアクティブ化のアクセス許可を、アプリケーション コンテナー 利用不可 SID (利用不可) で実行中のアドレス LocalHost (LRPC 使用) のユーザー (ComputerName)\(UserName) SID (S-1-5-21-xxxxxxxxxx-xxxxxxxxxx-xxxxxxxxxx-xxxx) に与えることはできません。このセキュリティ アクセス許可は、コンポーネント サービス管理ツールを使って変更できます。

HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{00000320-0000-0000-C000-000000000046}\InprocServer32 の既定の値をcombase.dll から C:\Windows\System32\combase.dll に、HKEY_CLASSES_ROOT\WOW6432Node\CLSID\{00000320-0000-0000-C000-000000000046}\InprocServer32 の既定の値を combase.dll から C:\Windows\SysWOW64\combase.dll にそれぞれ変更します。

依然としてエラーが発生する場合がありますが、ほかのCLSIDのInprocServer32の既定の値も同様に変更すると発生しなくなるかもしれません。

Windows 10 May 2019 Update


Windows 10 May 2019 Updateの影響で2019年7月29日は通信速度の遅い状態が続きました。 Windows 10 May 2019 Updateのダウンロードの影響のようです。Windows 10 メディア作成ツールを実行すると500kbpsほどしか速度がでません。翌朝ダウンロードしたところ6Mbpsから70Mbpsの速度が出ました。

WiFiの送信出力


WiFiの中継機を複数設置している場所では中継機の送信出力を抑えると通信が安定します。PCなど電気機器に発熱など悪影響を与えます。

Make Clothes のエラー


Blender で Make Clothes の Make Clothes を選択してもエラーが発生して服が生成できない

作成した服を選択して Create Vertex Groups をクリックします。またマテリアルを1つのみ残して他を削除します(Tightsのみなど)。Show License のAuthor (制作者) を変更します。

ノイズ対策


F型接栓 ダミー抵抗をテレビ、レコーダー、分配器、マンション等の空室などの空いている端子に装着すると電波の反射を防いでくれます。テレビ、レコーダーだけでなく携帯電話、スマホの電波状況も若干よくなりました。デジタル方式にはより効果的です。

冷蔵庫の適温


冷蔵庫、冷凍室の温度調節ですが、冷凍室の温度が-18℃、冷蔵室の温度が0℃より下回るほど強くしないほうがよさそうです。霜取りが間に合わなくなって冷えにくくなり、稼働時間が長くなり、電気代が高くなります。ほかの機器の動作にも影響を与えます。

湿度が高いと冷やしにくくなります。除湿機などを利用してできるだけ湿度を下げましょう。

気密性の低い住宅、開閉回数が少ない、年中を通して気温の低い地域では弱、弱-中でも問題ないです。

2019年3月の時点では、新製品の直冷式の冷蔵庫は少なくなりました。

Thunderbolt Software


Windows 10でIntel Thunderbolt(TM) ソフトウェアのDriverが正しくインストールされない。正しく登録されない。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\nhi, HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setup\FirstBoot\Services\nhi のレジストリーキーが正しく登録されないと思われるPCがあります。以下のキーを参考に保存してレジストリーエディターで結合してください。


Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\nhi]
"DisplayName"="Thunderbolt(TM) Controller"
"Owners"=hex(7):6f,00,65,00,6d,00,31,00,30,00,2e,00,69,00,6e,00,66,00,00,00,6f,\
00,65,00,6d,00,31,00,31,00,2e,00,69,00,6e,00,66,00,00,00,00,00
"Type"=dword:00000001
"Start"=dword:00000003
"ErrorControl"=dword:00000001
"ImagePath"=hex(2):5c,00,53,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,52,00,6f,00,6f,00,\
74,00,5c,00,53,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,33,00,32,00,5c,00,64,00,72,\
00,69,00,76,00,65,00,72,00,73,00,5c,00,74,00,62,00,74,00,31,00,30,00,30,00,\
78,00,2e,00,73,00,79,00,73,00,00,00
"Group"="Extended Base"

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\nhi\Parameters]

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\nhi\Parameters\Computers]

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\nhi\Parameters\Devices]

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\nhi\Parameters\Wdf]
"KmdfLibraryVersion"="1.15"
"WdfMajorVersion"=dword:00000001
"WdfMinorVersion"=dword:0000000f
"TimeOfLastTelemetryLog"=hex(b):0c,5f,3f,70,39,b2,d3,01

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setup\FirstBoot\Services\nhi]
"ServiceName"="nhi"
"Path"="\\SystemRoot\\System32\\drivers\\tbt100x.sys"
"DisplayName"="Thunderbolt(TM) Controller"
"Type"=dword:00000001
"StartType"=dword:00000003
"ErrorControl"=dword:00000001
"LoadOrderGroup"="Extended Base"

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\EventLog\System\nhi]
"EventMessageFile"=hex(2):25,00,53,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,52,00,6f,\
00,6f,00,74,00,25,00,5c,00,53,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,33,00,32,00,\
5c,00,49,00,6f,00,4c,00,6f,00,67,00,4d,00,73,00,67,00,2e,00,64,00,6c,00,6c,\
00,3b,00,25,00,31,00,32,00,25,00,5c,00,74,00,62,00,74,00,31,00,30,00,30,00,\
78,00,2e,00,73,00,79,00,73,00,00,00
"TypesSupported"=dword:00000007

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\WINEVT\Publishers\{88EF8329-295D-4D79-AC09-38F9610A40C9}]
@="Intel-Thunderbolt-Bus"
"MessageFileName"=hex(2):25,00,53,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,52,00,6f,00,\
6f,00,74,00,25,00,5c,00,53,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,33,00,32,00,5c,\
00,44,00,72,00,69,00,76,00,65,00,72,00,73,00,5c,00,74,00,62,00,74,00,31,00,\
30,00,30,00,78,00,2e,00,73,00,79,00,73,00,00,00
"ResourceFileName"=hex(2):25,00,53,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,52,00,6f,\
00,6f,00,74,00,25,00,5c,00,53,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,33,00,32,00,\
5c,00,44,00,72,00,69,00,76,00,65,00,72,00,73,00,5c,00,74,00,62,00,74,00,31,\
00,30,00,30,00,78,00,2e,00,73,00,79,00,73,00,00,00

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\nhi の Owners は使用しているPCにより異なります。%SystemRoot%\INF の oemnn.inf を確認して修正してください。

%SystemRoot%\System32\Drivers に tbt100x.sys が存在しない場合はファイルをコピーします。WdfCoInstaller01011.dll, wdfcoinstaller01015.dllもコピーしておきます。wdfcoinstaller01015.dllはKB4343893に付属しています。

Version 16にはtbt70x.sys, tbt81x.sys、Version 17にはtbt100x.sysが含まれています。それぞれWindows 7, Windows 8, Windows 10に対応しているものと思われます。Version 17.2.71.250はWindows 10 RS3以降の対応となります。tp2p100x.inf, tp2p100x.sysは Thunderbolt(TM) Networking となります。

Google Mapの交通状況


2019年2月6日の夕方ごろからGoogle Mapの交通状況がより詳細になりました。今まで表示されなかった道路でも状況が分かるようになりました。通信状況も若干よくなったようです。