日別アーカイブ: 2016年2月5日

Windows Store Apps Package


Windows Store アプリを PowerShell から削除する方法です

How to Remove Windows 8.1 Store Apps with PowerShell

  1. PowerShellを起動します
  2. get-appxpackage –Name “???” でストアアプリのPackageFullNameを確認します。
  3. remove-appxpackage “(PackageFullName)” –confirm を実行します。

AutoGenerateBindingRedirects


[(0,0)]: Info: 競合を解決して警告を消去するために、app.config でアセンブリ “System.Runtime, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a” をバージョン “4.0.0.0” [C:\Program Files (x86)\Reference Assemblies\Microsoft\Framework\.NETFramework\v4.5\Facades\System.Runtime.dll] からバージョン “4.0.10.0” [] にマップし直してください。
[C:\Program Files (x86)\MSBuild\14.0\bin\amd64\Microsoft.Common.CurrentVersion.targets(1819,5)]: Warning: 同じ依存アセンブリの異なるバージョン間で競合が見つかりました。プロジェクト ファイルで “AutoGenerateBindingRedirects” プロパティを true に設定してください。詳細については、http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=294190 を参照してください。
[(0,0)]: Info: Patch for assembly [(ProjectName), Version=1.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=null]
[(0,0)]: Info: (ProjectName).Windows -> xxx.exe

方法: 自動バインディング リダイレクトを有効/無効にする に従い、AutoGenerateBindingRedirectsをfalseに設定します。

プロセッサ アーキテクチャ


C:\Program Files (x86)\MSBuild\12.0\bin\Microsoft.Common.CurrentVersion.targets(1697,5): warning MSB3270: 構築されているプロジェクトのプロセッサ アーキテクチャ “MSIL” と、参照 “.dll” のプロセッサ アーキテクチャ “x86” の間には不一致がありました。この不一致は、ランタイム エラーを発生させる可能性があります。プロジェクトと参照の間でプロセッサ アーキテクチャが一致するように、構成マネージャーを使用してターゲットとするプロジェクトのプロセッサ アーキテクチャを変更するか、ターゲットとするプロジェクトのプロセッサ アーキテクチャに一致するプロジェクト アーキテクチャとの依存関係を参照で設定することを検討してください。

C# Windows フォーム アプリケーション プロジェクト の プロパティー、「ビルド」 タブ – 「プラットフォームターゲット」を Any CPU から x86 または x64 に変更すると発生しなくなります。