アプリケーションの多言語対応


Visual Studioを使用したアプリケーションの多言語の方法です。


Windows フォーム

  1. Windows フォームアプリケーション プロジェクトを作成します。
  2. フォームにコントロールを配置します。
  3. ソリューションエクスプローラーでプロジェクトを選択して右クリック、プロパティーを選択します。
  4. アプリケーションのアセンブリ情報をクリックして、ニュートラル言語を(なし)から変更します。
  5. Windows フォームのLocalizableをTureに設定して、Languageプロパティーを変更します。それぞれ対応する言語に合わせてラベル、ボタンなどのテキストを変更します。
Multilingual app toolkitを使用する場合
  1. メニューの 「ツール」-「多言語アプリツールキット」-「選択範囲を有効にする」を選択します。
  2. ソリューションエクスプローラーでプロジェクトを選択して右クリック、「多言語アプリツールキット」-「翻訳言語の追加」を選択します。疑似言語[qus-ploc]と追加する言語を選択します。
  3. MultilingualResourecesフォルダーのxlfファイルを選択して Multilingual Editor を起動します。候補表示をクリックして翻訳します。[qus-ploc]は必ず翻訳してください。

WPF アプリケーション

  1. WPF アプリケーション プロジェクトを作成します。
  2. MainWindows.xamlなどのファイルにコントロールを配置します。この例ではTextBlockコントロールを追加します。
  3. ソリューションエクスプローラーでプロジェクトを選択して右クリック、プロパティーを選択します。
  4. アプリケーションのアセンブリ情報をクリックして、ニュートラル言語を(なし)から変更します。
  5. Resources.resxファイルを開きます。アクセス修飾子をPublicに設定します。名前と値を入力して文字列を追加します。ここではTranslateTestとします。
  6. MainWindows.xamlファイルを開きます。Window要素にxmlns:Properties=”clr-namespace:(プロジェクトの名前).Properties” 属性を追加します。
  7. TextBlockコントロールの要素にText=”{x:Static Properties:Resources.TranslateTest} 属性を追加します。
    1. MainWindows.xaml.csファイルを開きます。[C#]
      private CultureInfo cultureOverride = new CultureInfo("qps-PLOC");

      を追加します。またコンストラクターのInitializeComponent();の後に

      
      if (Debugger.IsAttached == true && cultureOverride != null)
      {
      	Thread.CurrentThread.CurrentUICulture = cultureOverride;
      	Thread.CurrentThread.CurrentCulture = cultureOverride;
      }
      

      を追加します。Using the Multilingual App Toolkit with WPF Applications | Synergist:を参考にしました。

  8. Multilingual app toolkitを使用しない場合は、Resources.[lang].resxファイルを追加します。英語(米国)の場合はResouces.en-US.resxファイルを追加します。それぞれ値を翻訳します。
Multilingual app toolkitを使用する場合
  1. メニューの 「ツール」-「多言語アプリツールキット」-「選択範囲を有効にする」を選択します。
  2. ソリューションエクスプローラーでプロジェクトを選択して右クリック、「多言語アプリツールキット」-「翻訳言語の追加」を選択します。疑似言語[qus-ploc]と追加する言語を選択します。
  3. MultilingualResourecesフォルダーのxlfファイルを選択して Multilingual Editor を起動します。候補表示をクリックして翻訳します。[qus-ploc]は必ず翻訳してください。

ユニバーサル Windows プラットフォーム  アプリ(UWP)

  1. 空白のアプリ(ユニバーサル Windows)を選択して ユニバーサル Windows プラットフォーム用のアプリ プロジェクトを作成します。
  2. MainPage.xamlなどのファイルにコントロールを配置します。この例ではTextBlockコントロールを追加します。
  3. Package.appxmanifestファイルを開きます。既定の言語を設定します。
  4. ソリューションエクスプローラーでプロジェクトを選択して右クリック、Stringsフォルダーを作成します。さらにそのフォルダーにResources.reswファイルを追加します。
  5. Resources.reswファイルを開きます。アクセス修飾子をPublicに設定します。名前と値を入力して文字列を追加します。ここではTranslateTestとします。
  6. MainPage.xamlファイルを開きます。TextBlock要素にx:Uid=”TranslateTest”を追加します。
  7. Multilingual app toolkitを使用しない場合は、Stringsフォルダーに[lang]サブフォルダーを作成してResources.reswファイルを追加します。英語(米国)の場合は\en-US\Resouces.reswファイルを追加します。それぞれ値を翻訳します。
Multilingual app toolkitを使用する場合

Windows 10に対応したUWPを翻訳するには、Multilingual app toolkit 4.0が必要です。Multilingual app toolkit 3.0はWindows 8.1のUWPのみ対応しています。

  1. メニューの 「ツール」-「多言語アプリツールキット」-「選択範囲を有効にする」を選択します。
  2. ソリューションエクスプローラーでプロジェクトを選択して右クリック、「多言語アプリツールキット」-「翻訳言語の追加」を選択します。疑似言語[qus-ploc]と追加する言語を選択します。
  3. MultilingualResourecesフォルダーのxlfファイルを選択して Multilingual Editor を起動します。候補表示をクリックして翻訳します。[qus-ploc]は必ず翻訳してください。

投稿日: 2015年12月16日 カテゴリー: Programming タグ: , , , , , , , , , , , | パーマリンク コメントする.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。