InstallShiled Limited Edtion で Windows サービス のインストーラーを作成


InstallShiled Limited Edtion で Windows サービス のインストーラーを作成する手順です。

  1. InstallShiled Limited Edtion Project を追加します。ソリューションエクスプローラで Project Assistant の Application Files を選択します。Add Project Outputs をクリックして プライマリ出力をチェックします。
  2. 2.Specify Application Data の Files を選択して Destrination computer’s files の (ProjectName).プライマリ出力 を右クリックします。Properties を選択して COM & .NET Settings タブの Installer Class をチェックします。

次のいずれかの作業を行います。


3.Configure The Target System の Services を選択します。Services を右クリックして Add Service を選択します。ProgramFilesFolder – (ProjectFolder) – My Project Name – (ProjectName).プライマリ出力 を選択します。各項目を設定ます。Local System アカウントの場合は User Name を空欄のままにします。


Windows Service プロジェクトに インストーラークラス を追加します。次のようなコードを InitializeComponent(); の下に追加します。


            ServiceInstaller si = new ServiceInstaller();
            ServiceProcessInstaller sp = new ServiceProcessInstaller();
            sp.Account = ServiceAccount.LocalSystem;
            this.Installers.Add(sp);

            si.StartType = ServiceStartMode.Automatic;
            si.ServiceName = "";
            si.DisplayName = "";
            si.Description = "";
            // si.DelayedAutoStart = true;

投稿日: 2014年11月28日 カテゴリー: Computer, Programming タグ: , , , , , , | パーマリンク コメントする.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。