SSL 3.0の脆弱性


SSL 3.0 の脆弱性により、情報漏えいが起こる (マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ 3009008)

Internet Explorer で SSL 3.0を無効にする、または HKey_Local_Machine\System\CurrentControlSet\Control\SecurityProviders\SCHANNEL\Protocols\SSL 3.0\Server に Enabled (DWORD 0x00000000) の値を追加する必要があります。

投稿日: 2014年10月20日 カテゴリー: Windows settings タグ: , , , , | パーマリンク コメントする.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。