Microsoft Root Certificate Authority 2010


“The certificate is not valid for the selected purpose.”

certificate1


Windows 8.1 Update (x86, x64)、インターネット オプション – 証明書 で該当する証明書を確認すると次のメッセージが表示されます。

Microsoft Root Certificate Authority 2010 – “この証明書は選択された目的には有効ではありません。” – 2010‎年‎6‎月‎24‎日 6:57:24 – 2035‎年‎6‎月‎24‎日 7:04:01

certificate2

Microsoft Windows Production PCA 2011 – “この証明書は選択された目的には有効ではありません。” – ‎2011‎年‎10‎月‎20‎日 3:41:42 – 2026‎年‎10‎月‎20‎日 3:51:42

信頼されたルート証明機関の Microsoft Root Authority, Microsoft Root Certificate Authority、中間証明機関の Microsoft Code Signing PCA, Microsoft Code Signing PCA 2010, Microsoft Windows Hardware Compatibility PCA, Microsoft Windows Production PCA 2011, Microsoft Windows Third Party Component CA 2012 も同様のメッセージが表示されます。

Microsoft Root Certificate Authority 2011, Microsoft Code Signing PCA 2011 は特に問題ありません。クライアント認証、電子メールの保護 以外の項目が選択されています。

%SystemRoot%\servicing\Packages\Microsoft-Media-Foundation-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~6.3.9600.16384.cat のプロパティ – 証明書の表示 – 証明のパス で “Microsoft Root Certificate Authority 2010” の証明書を確認すると、「この証明書は問題ありません」と表示されます。


+ System

– Provider

[ Name] Microsoft-Windows-CAPI2
[ Guid] {5bbca4a8-b209-48dc-a8c7-b23d3e5216fb}

EventID 81

Version 0

Level 2

Task 80

Opcode 2

Keywords 0x4000000000000040

– TimeCreated

[ SystemTime] 2014-05-17T23:30:57.932797300Z

EventRecordID 504858

Correlation

– Execution

[ ProcessID] 992
[ ThreadID] 5668

Channel Microsoft-Windows-CAPI2/Operational

Computer …
– Security

[ UserID] S-1-5-21-…-…-…

– UserData

– WinVerifyTrust

ActionID {189A3842-3041-11D1-85E1-00C04FC295EE}

– UIChoice WTD_UI_NONE

[ value] 2

– RevocationCheck

[ value] 0

– StateAction WTD_STATEACTION_VERIFY

[ value] 1

– Flags

[ value] 80000014
[ WTD_NO_POLICY_USAGE_FLAG] true
[ WTD_REVOCATION_CHECK_NONE] true
[ CPD_USE_NT5_CHAIN_FLAG] true

– CertificateInfo

[ displayName] CryptUI

– DigestInfo

[ digestAlgorithm]
[ digest]

– RegPolicySetting

[ value] 23C00
[ WTPF_OFFLINEOK_IND] true
[ WTPF_OFFLINEOK_COM] true
[ WTPF_OFFLINEOKNBU_IND] true
[ WTPF_OFFLINEOKNBU_COM] true
[ WTPF_IGNOREREVOCATIONONTS] true

– AuthenticodeFlags

[ value] 100
[ CERT_TRUST_PUB_CHECK_PUBLISHER_REV_FLAG] true

– CertificateChain

[ chainRef] {89D0B556-F478-4D7C-97E4-71579F3AD4B4}

– EventAuxInfo

[ ProcessName] iexplore.exe

– CorrelationAuxInfo

[ TaskId] {482EC175-B3C8-4331-9880-3DC919268106}
[ SeqNumber] 7

– Result 証明書は要求された使用法では無効です。

[ value] 800B0110

Windows 7 では問題ありません。


%ProgramData%\Microsoft\Crypto\RSA\MachineKeys と、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\SystemCertificates の内容が一致しないようです。レジストリーキーのほうが少なくなっています。


Windows 8.1 で certutil -SyncWithWU で ファイルをダウンロードして、certutil -verify 3b1efd3a66ea28b16697394703a72ca340a05bd5.crt (Microsoft Root Certificate Authority 2010)と certutil -verifystore の内容を比べたところ、certutil -verifystore では ——– CERT_CHAIN_CONTEXT ——– の箇所が表示されないことがわかりました。Windows 7 では正しく表示されます。

BasicConstraints フィールドが正しくないために発生する場合があります。


Windows 10 Technical Preview でも同様の問題が発生しています。

投稿日: 2014年5月8日 カテゴリー: Windows settings タグ: , , , , | パーマリンク コメントする.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。