月別アーカイブ: 5月 2014

Baseline file missingon generating delta for (WSClient.dll)


%SystemRoot%\Logs\CBS\CBS.log に次のメッセージが書き込まれました。

2014-05-27 12:25:41, Info CSI 0000000e Regenerating Component for: [ml:280{140},l:200{100}]”amd64_microsoft-windows-store-licensing-client_31bf3856ad364e35_6.3.9600.16384_none_f7ce2ebadd032948″
2014-05-27 12:25:41, Info CSI 0000000f Regenerating payload files from delta files on component: [ml:280{140},l:200{100}]”amd64_microsoft-windows-store-licensing-client_31bf3856ad364e35_6.3.9600.16384_none_f7ce2ebadd032948″
2014-05-27 12:26:38, Error CSI 00000010 (F) Baseline file missingon generating delta for: [l:24{12}]”WSClient.dll”[gle=0x80004005]
2014-05-27 12:26:45, Error CSI 00000011 (F) STATUS_SXS_COMPONENT_STORE_CORRUPT #311# from CCSDirectTransaction::OperateEnding at index 0 of 1 operations, disposition 0[gle=0xd015001a]
2014-05-27 12:26:45, Error CSI 00000012 (F) HRESULT_FROM_WIN32(14098) #243# from Windows::COM::CComponentStore::InternalTransact(…)[gle=0x80073712]
2014-05-27 12:26:45, Error CSI 00000013 (F) HRESULT_FROM_WIN32(14098) #241# from Windows::ServicingAPI::CCSITransaction::ICSITransaction_Commit(Flags = 22 (0x00000016), pSink = NULL, disp = 0, coldpatching = FALSE)[gle=0x80073712]

2014-06-04 23:45:00, Info CBS Added C:\WINDOWS\Logs\CBS\CBS.log to WER report.
2014-06-04 23:45:00, Info CBS Added C:\WINDOWS\Logs\CBS\CbsPersist_20140530080803.log to WER report.

2014-06-04 23:45:00, Info CBS Could not get active session for current session file logging [HRESULT = 0x80004003 – E_POINTER]
2014-06-04 23:45:00, Info CBS Not able to add pending.xml to Windows Error Report. [HRESULT = 0x80070002 – ERROR_FILE_NOT_FOUND]
2014-06-04 23:45:00, Info CBS Not able to add pending.xml.bad to Windows Error Report. [HRESULT = 0x80070002 – ERROR_FILE_NOT_FOUND]
2014-06-04 23:45:00, Info CBS Not able to add SCM.EVM to Windows Error Report. [HRESULT = 0x80070002 – ERROR_FILE_NOT_FOUND]
2014-06-04 23:45:01, Error CSI 000007ae (F) Failed on regenerating file [l:20{10}]”iisres.dll”[gle=0x80004005]
2014-06-04 23:45:01, Info CSI 000007af [SR] Cannot repair member file [l:20{10}]”iisres.dll” of Microsoft-Windows-IIS-SharedLibraries, Version = 6.3.9600.17088, pA = PROCESSOR_ARCHITECTURE_IA32_ON_WIN64 (10), Culture neutral, VersionScope = 1 nonSxS, PublicKeyToken = {l:8 b:31bf3856ad364e35}, Type neutral, TypeName neutral, PublicKey neutral in the store, file cannot be decompressed
2014-06-04 23:45:01, Info CSI 000007b0 [SR] This component was referenced by [l:162{81}]”Package_354_for_KB2955164~31bf3856ad364e35~amd64~~6.3.1.3.2955164-447_neutral_GDR”
2014-06-04 23:45:01, Error CSI 000007b1@2014/6/4:14:45:01.079 (F) base\wcp\library\delta_library.cpp(287): Error NTSTATUS_FROM_WIN32(ERROR_INVALID_DATA) originated in function Windows::Rtl::DeltaDecompressBuffer expression: g_pfnApplyDeltaB(( (DELTA_FLAG_TYPE)0x00000000 ), ReferenceInput, CompressedInput, &UncompressedOutput)
[gle=0x80004005]

DISM /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth を実行すると、エラー: 0x800f081f が発生する場合があります。

c:\Windows\System32>DISM /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth

展開イメージのサービスと管理ツール
バージョン: 6.3.9600.17031

イメージのバージョン: 6.3.9600.17031

[==========================100.0%==========================]
復元操作が失敗しました。修復元が見つからないか、コンポーネント ストアを修復でき
ません。

エラー: 0x800f081f

DISM が失敗しました。操作は実行されませんでした。
詳細については、ログ ファイルを確認してください。

DISM ログ ファイルは C:\WINDOWS\Logs\DISM\dism.log にあります


KB2969339 (http://support.microsoft.com/kb/2969339) こちらに情報があります。

WSClient.dll 以外に MrmCoreR.dll, WSMigPlugin.dll においてもこのエラーが発生しました。

microsoft-windows-a..ence-mitigations (c1,c2,c3,c4,c7) のフォルダーのファイルが存在しない、または破損していました。

WinSxS(コンポーネントストア)にファイルをコピーする必要があります。

MrmCoreR.dll

  • amd64_microsoft-windows-c..t-resources-mrmcore_31bf3856ad364e35_6.3.9600.16412_none_dc86bb0c35a4f819 (KB2883200)
  • (amd64_microsoft-windows-c..t-resources-mrmcore_31bf3856ad364e35_6.3.9600.16442_none_dc664b4835bd4bec (KB2887595)
  • amd64_microsoft-windows-c..t-resources-mrmcore_31bf3856ad364e35_6.3.9600.16461_none_dc4fab2635ce6a77 (KB2903939)
  • amd64_microsoft-windows-c..t-resources-mrmcore_31bf3856ad364e35_6.3.9600.16477_none_dc4adcf635d11e72 (KB2911106, )KB2913270)
  • amd64_microsoft-windows-c..t-resources-mrmcore_31bf3856ad364e35_6.3.9600.16507_none_dc968e5035985802 (KB2923768)
  • amd64_microsoft-windows-c..t-resources-mrmcore_31bf3856ad364e35_6.3.9600.16508_none_dc978e9a35977159 (KB2910887)

一度更新プログラムをアンインストールしてから再インストールすることをおすすめします。


KB2919355 はインストール済みです。2014年5月の更新プログラムを適用したあたりから発生しています。

%SystemRoot\WinSxS のコンポーネントストアのファイルが破損しているために発生します。

自動メンテナンスを行うと発生しなくなる可能性があります。

file cannot be decompressed のエラーは ファイルが圧縮されていないのに HKEY_LOCAL_MACHINE\COMPONENTS\DerivedData\Components\(SubKey)\f!… の REG_DWORD 値が 0x00000021(33) に設定されているために発生します。0x00000001 に設定すると発生しなくなります。0x00000005 は 圧縮ファイル(エクスプローラーで青色の表示、sys ファイルが多い)、0x00000021 は Delta compression の圧縮ファイル(DC.. PA30, DC..)に設定されている傾向があります。0x00000041 は %SystemRoot%\WinSxS\Backup にファイルが存在する場合に設定されています。


HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Component Based Servicing\PackageDetect の登録に不備があるようです。F5-VpnPlugin-Package~31bf3856ad364e35~amd64~ja-JP~6.3.9600.16384 がこのキーに存在しません。

広告

OID


HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Cryptography\OID\EncodingType 0\CryptDllFindOIDInfo

対応する dll が存在するのかわかりません。

リモートデスクトップ


リモートデスクトップ で接続できなくなりました。

クライアントの Windows ログ – セキュリティに イベント 4797, アカウントの空白パスワードの有無を照会しようとしました。

ホスト側に イベント 36870, Schannel
SSL サーバー 資格情報の秘密キーにアクセスしようとしているときに致命的なエラーが発生しました。暗号化モジュールから返されたエラー コードは 0x8009030D です。内部エラーの状態は 10001 です。


こちらの記事 が参考になります。

Error Code 28


このデバイスのドライバがインストールされていません (コード 28)

USB Keypad, USB Mouse で デバイスと、 証明書に関連するメッセージが表示されました。

input.inf が削除されました。

Microsoft Root Certificate Authority 2010


“The certificate is not valid for the selected purpose.”

certificate1


Windows 8.1 Update (x86, x64)、インターネット オプション – 証明書 で該当する証明書を確認すると次のメッセージが表示されます。

Microsoft Root Certificate Authority 2010 – “この証明書は選択された目的には有効ではありません。” – 2010‎年‎6‎月‎24‎日 6:57:24 – 2035‎年‎6‎月‎24‎日 7:04:01

certificate2

Microsoft Windows Production PCA 2011 – “この証明書は選択された目的には有効ではありません。” – ‎2011‎年‎10‎月‎20‎日 3:41:42 – 2026‎年‎10‎月‎20‎日 3:51:42

信頼されたルート証明機関の Microsoft Root Authority, Microsoft Root Certificate Authority、中間証明機関の Microsoft Code Signing PCA, Microsoft Code Signing PCA 2010, Microsoft Windows Hardware Compatibility PCA, Microsoft Windows Production PCA 2011, Microsoft Windows Third Party Component CA 2012 も同様のメッセージが表示されます。

Microsoft Root Certificate Authority 2011, Microsoft Code Signing PCA 2011 は特に問題ありません。クライアント認証、電子メールの保護 以外の項目が選択されています。

%SystemRoot%\servicing\Packages\Microsoft-Media-Foundation-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~6.3.9600.16384.cat のプロパティ – 証明書の表示 – 証明のパス で “Microsoft Root Certificate Authority 2010” の証明書を確認すると、「この証明書は問題ありません」と表示されます。


+ System

– Provider

[ Name] Microsoft-Windows-CAPI2
[ Guid] {5bbca4a8-b209-48dc-a8c7-b23d3e5216fb}

EventID 81

Version 0

Level 2

Task 80

Opcode 2

Keywords 0x4000000000000040

– TimeCreated

[ SystemTime] 2014-05-17T23:30:57.932797300Z

EventRecordID 504858

Correlation

– Execution

[ ProcessID] 992
[ ThreadID] 5668

Channel Microsoft-Windows-CAPI2/Operational

Computer …
– Security

[ UserID] S-1-5-21-…-…-…

– UserData

– WinVerifyTrust

ActionID {189A3842-3041-11D1-85E1-00C04FC295EE}

– UIChoice WTD_UI_NONE

[ value] 2

– RevocationCheck

[ value] 0

– StateAction WTD_STATEACTION_VERIFY

[ value] 1

– Flags

[ value] 80000014
[ WTD_NO_POLICY_USAGE_FLAG] true
[ WTD_REVOCATION_CHECK_NONE] true
[ CPD_USE_NT5_CHAIN_FLAG] true

– CertificateInfo

[ displayName] CryptUI

– DigestInfo

[ digestAlgorithm]
[ digest]

– RegPolicySetting

[ value] 23C00
[ WTPF_OFFLINEOK_IND] true
[ WTPF_OFFLINEOK_COM] true
[ WTPF_OFFLINEOKNBU_IND] true
[ WTPF_OFFLINEOKNBU_COM] true
[ WTPF_IGNOREREVOCATIONONTS] true

– AuthenticodeFlags

[ value] 100
[ CERT_TRUST_PUB_CHECK_PUBLISHER_REV_FLAG] true

– CertificateChain

[ chainRef] {89D0B556-F478-4D7C-97E4-71579F3AD4B4}

– EventAuxInfo

[ ProcessName] iexplore.exe

– CorrelationAuxInfo

[ TaskId] {482EC175-B3C8-4331-9880-3DC919268106}
[ SeqNumber] 7

– Result 証明書は要求された使用法では無効です。

[ value] 800B0110

Windows 7 では問題ありません。


%ProgramData%\Microsoft\Crypto\RSA\MachineKeys と、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\SystemCertificates の内容が一致しないようです。レジストリーキーのほうが少なくなっています。


Windows 8.1 で certutil -SyncWithWU で ファイルをダウンロードして、certutil -verify 3b1efd3a66ea28b16697394703a72ca340a05bd5.crt (Microsoft Root Certificate Authority 2010)と certutil -verifystore の内容を比べたところ、certutil -verifystore では ——– CERT_CHAIN_CONTEXT ——– の箇所が表示されないことがわかりました。Windows 7 では正しく表示されます。

BasicConstraints フィールドが正しくないために発生する場合があります。


Windows 10 Technical Preview でも同様の問題が発生しています。

iPhone 5 スリープ/スリープ解除ボタン交換


iPhone 5 スリープ/スリープ解除ボタン交換プログラム (https://ssl.apple.com/jp/support/iphone5-sleepwakebutton/)

Internet Explorer の脆弱性