日別アーカイブ: 2014年4月18日

WinSxS\Manifests


Windows 8.1 x64 の %SystemRoot%WinSxs\Manifests の Manifest ファイルは msu に含まれるファイルとは違い、ファイルサイズが異なります。自動でインストールした場合、express となるようです。

msu に含まれる Manifest ファイルは WordPad で確認できますが、%SystemRoot%WinSxs\Manifests の Manifest ファイルは 先頭は “DCM PA30” で、圧縮されています。


expand または wusa で msu を展開できます。(name).msu を (folder)に展開する方法です。

expand /f:* (name).msu (folder)

wusa (name).msu /extract:(folder)

さらに (folder)のcab ファイルを展開します。


Windows8.1-KB2932046-x64.msu に mui ファイルは存在しますが、crypt32.dll (6.3.9600.17031) が含まれていません。

amd64_microsoft-windows-capi2_31bf3856ad364e35… に対応する WinSxS のサブフォルダーがありません。capi2.dll も存在しません。

SQL Server のインストールについて


SQL Server (Express) のインストールですが、特に複数のバージョンをインストールする必要はありません。むしろ複数のバージョンをインストールすると、不具合の発生につながります。