Mobile Intel 4 Series Express Chipset Family (Graphics Driver)について


Mobile Intel(R) 4 Series Express Chipset Family において Intel Intel Graphics Driver のインストールの際に「このシステムは、このソフトウェアをインストールするための最低条件を満たしていません。」と表示されてインストールできない

inf ファイルにNTamd64, NTamd64.6.1, NTamd64.6.2, NTamd64.6.3 などが含まれていないために発生します。
Mobile Intel(R) 4 Series Express Chipset Family (15.17.17.2413, 8.15.10.2413, 64bit, 32bit) など古いバージョンでは問題は発生しません。このバージョンの使用をお勧めします。GPU Caps Viewer でサポートしているOpenGL等の情報を表示できます。
Windows 8 では Intel Graphics Driver 8.15.10.2702 が標準でインストールされますが、OpenGL 1.1しか対応していないため OpenGL 2.0以上を利用するプログラムを実行できません。


Intel Graphics Driver 8.15.10.2869 を Windows 7, Windows 8/8.1 にインストールする方法です。8.15.10.2869 は inf ファイル名が igdlh.inf から kit49684.inf に変更されています。Inf ファイルを変更するためデジタル署名が無効になります。

鉄PCブログ 様の Windows 8 CPでIntel HD Graphicsを使うの投稿を参考にしました。

  1. Intel Graphics Driver 8.15.10.2869 [ja]をダウンロードします。zip形式が見当たらない場合はexe形式を選んで展開します。
  2. Win7Vista_64_151719\Graphics\kit49684.inf を開いて[Manufacturer] を検索して、次の行の %Intel% に NTamd64.6.1, NTamd64.6.2, NTamd64.6.3 を追加します。
  3. [IntelGfx.NTamd64.6.0] をコピーして、それぞれ [IntelGfx.NTamd64.6.1] から [IntelGfx.NTamd64.6.3] に変更して張り付けます。10数行あります。
    [IntelGfx.NTamd64.6.3]
    %iCNTG0% = iCNT0, PCI\VEN_8086&DEV_2A42
    %iCNTG1% = iCNT1, PCI\VEN_8086&DEV_2A43
    %iEGLG0% = iEGL0, PCI\VEN_8086&DEV_2E02
    %iEGLG1% = iEGL1, PCI\VEN_8086&DEV_2E03
    %iEGLQ4G0%  = iEGL0, PCI\VEN_8086&DEV_2E12
    %iEGLQ4G1%  = iEGL1, PCI\VEN_8086&DEV_2E13
    %iEGLG4G0%  = iEGL0, PCI\VEN_8086&DEV_2E22
    %iEGLG4G1%  = iEGL1, PCI\VEN_8086&DEV_2E23
    %iEGLGVG0%  = iEGL0, PCI\VEN_8086&DEV_2E32
    %iEGLGVG1%  = iEGL1, PCI\VEN_8086&DEV_2E33
    %iEGLGB0%  = iEGL0, PCI\VEN_8086&DEV_2E42
    %iEGLGB1%  = iEGL1, PCI\VEN_8086&DEV_2E43
    %iEGLGBU0%  = iEGL0, PCI\VEN_8086&DEV_2E92
    %iEGLGBU1%  = iEGL1, PCI\VEN_8086&DEV_2E93
  4. コマンドプロンプト(管理者)を開いて bcdedit /set TESTSIGNING ON を実行してWindowsを再起動します。
  5. Win7Vista_64_151719\setup.exe を実行します。「ドライバーソフトウェアの発行元を検証できません。」ダイアログが表示されますので、「このドライバーソフトウェアをインストールします」を選択します。
  6. このままインストールを行うと 「1つ以上のデバイスドライバーのインストールに失敗しました。」ダイアログが表示されて、インストールできませんので、ドライバの署名の強制を無効にして Windows を再起動させて、インストールします。
  7. デバイスマネージャーには「デジタル署名されていません」と表示されますが、問題なく利用できます。
  8. Windowsを再起動した後、コマンドプロンプト(管理者)を開いて bcdedit /set TESTSIGNING OFF を実行して再起動させます。

この方法で最新バージョンのドライバをインストールできますが、 Intel(R) Graphics Media Accelerator Driver for Mobile, インテル(R) グラフィック/メディア コントロール・パネルは利用できません。

2015-11-18T18:00:00+09:00

手順 4,5,8 が欠落していたために正しくインストールできない状態となっていました。お詫びいたします。

2013-11-20T18:28:00+09:00

OpenGL Extensions Viewer をダウンロードします。OpenGL 2.1に対応していることを確認します。


Windows Update に Intel Corporation driver update for Mobile Intel(R) 4 Series Express Chipset Family (Microsoft Corporation – WDDM 1.1) 2013/7/3 が表示されたのでドライバを更新しました。

投稿日: 2013年11月20日 カテゴリー: Windows settings タグ: , , , , , , , , , , , , , , | パーマリンク コメントする.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。