地上アナログ放送終了まであと一か月あまり


2011年7月24日の地上アナログ放送終了まであと一か月あまりとなりました。ほとんどの方は地上デジタル放送への対策が済んでいると思いますが、一部の地域では地上デジタル放送が受信できない問題が発生しています。新たに難視聴対策を行わなければならない地域も発生しています。

社団法人デジタル放送推進協会 (Dpa)

アンテナの調整は専門家に相談するのがおすすめです。

UHFアンテナとブースター(増幅器)間の同軸ケーブルがS-5C-FVの場合、衛星放送などに使われるS-5C-FBもしくはS-5C-FBLに交換すると受信レベルが向上します。

2011年7月24日以降に送信出力が強くなることを期待しています。地上デジタル放送は地上アナログ放送の1/10程度の出力で放送されているそうです。

東日本大震災に伴いより東北の岩手県、宮城県、福島県の3県は地上アナログ放送の停波が延期されます。


2011年7月24日の正午、地上アナログ放送は終了しました。24日の午後はいつになく携帯電話の電波状態がよかったように思いました。その後同日の午後11時59分頃に完全に停止しました。一瞬、携帯電話のアンテナマークが0本になり、やがていつもの3本に回復しました。

投稿日: 2011年6月19日 カテゴリー: 未分類 タグ: , , , , | パーマリンク コメントする.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。