Windows Server 2008でSuperFetchを有効にする


次の方法でWindows Server 2008でSuperFetchを有効にできます。
レジストリの編集を伴いますので、事前にバックアップをとるなど対策をお進めします。

  1. レジストリエディタ(regedit)を起動させ、HKEY_LOCAL_MACHINE -> System -> CurrentControlSet
    -> Control -> Session Manager -> Memory Management -> PrefetchParametrs
    を選択します。
  2. このキーに次のDWORD(32bit)を追加します。
    EnablePrefetcher
    EnableSuperfetch
    値はいずれも 3 に設定します。
  3. サービスのSuperfetchのスタートアップの種類を 無効 -> 自動 に変更します。サービスを開始します。

    SuperFetchはよく利用するプログラムをWindowsに読み込むキャッシュ機能です。プログラムの起動時間が早くなります。Windows
    Vista, Windows Server 2008に搭載されていますが、Windows Server 2008はサーバーのため標準では利用できなくなっています。

投稿日: 2011年6月3日 カテゴリー: Computer タグ: , | パーマリンク コメントする.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。