月別アーカイブ: 12月 2010

未使用のデバイスを削除


ネットワーク アダプターに IP アドレスを設定する際のエラー メッセージ

こちらの情報を元に未使用のデバイスを削除します。

広告

使用中のCOMポート


使用中のCOMポートと表示される 使用していないCOMポートを開放する方法です。

regedit.exe で HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\COM Name Arbiter を参照します。

上位から 8バイトごとに COM 7+n*1, COM6+n*1, … COM 0+n*1 の順番となっています。対応するCOMポートの値を 00 に設定します。

再起動します。

EXE形式の展開ファイル


EXE形式のファイルを任意のフォルダに展開する方法です。

xxx.exe /x:outdir

outdir にファイルを展開します。

Service Pack, SQL Server, 開発ツールなどexe形式のファイルを展開できます。インストーラは起動しません。

2010-05-16 一部修正しました。

SQL Server 2005 Express (SP3, SP4) のインストールに失敗します


SQLEXPR_JPN.exe を実行してインストールを開始すると、SQL Server データベース サービスをインストールしている際に、エラーが発生することがあります。インストールの後半にエラーメッセージが表示され、次のようなログが書き込まれます。

  • [イベントID 17190] FallBack 証明書を初期化できませんでした。エラー コード: 15。
  • [イベントID 17182] エラー 0x80092004、状態コード 0x80 で、TDSSNIClient の初期化に失敗しました。
  • [イベントID 17182] エラー 0x80092004、状態コード 0x1 で、TDSSNIClient の初期化に失敗しました。
  • [イベントID 17120] SQL Server は FRunCM スレッドを起動できませんでした。関連する可能性のある問題の情報については、SQL Server エラー ログと Windows イベント ログを確認してください。

SQLEXPR_JPN.exe または setup.exe を実行してインストールする際に発生します。


個別にインストールすることでインストールすることができました。証明書をインストールする必要はありません。

  1. コマンドプロンプト (cmd.exe) を開きます。vista以降の場合は「管理者として実行」します。
  2. SQLEXPR_JPN.exe /q /x:[outdir]
    任意のディレクトリ(フォルダ)にファイルを展開します。
  3. [outdir]\setup フォルダのsqlrun.msiを実行します。コマンドプロンプトから実行する場合は次のように入力します。
    cd [outdir]\setup\sqlrun.msi

sqlrun.msiがsqlrun_run.msiとなっていました。正しくはsqlrun.msiです。訂正しました。

setupフォルダにはそのほかに次のファイルが含まれています。

  • sqlncli.msi, sqlncli_x64: SQL Server Native Client
  • sqlwriter.msi, sqlwriter_x64.msi: Microsoft SQL Server VSS Writer

Windows Live Mail, Windows Live Messenger で エラーが発生


Windows Live Mail 2011で電子メールを開くと、「このメッセージを開いているときにエラーが発生しました。…」というメッセージが出て、メールを開くことができない。

Windows Live Messenger 2011 で
「ソーシャルフィードを読み込んでいます…」のあとに
Windows Live Messengerにサインインできません サービスが一時的に利用不可のため…エラーコード 80080005…」と表示されて、ログインできない。
毎回表示されるのでサービスが一時的に利用不可とは考えられない。

Windows Live を再インストールしてもこのエラーが発生します。


対処法

dlldump.com からfaultrep.dllをダウンロードして、Program Files\Windows Live\Contacts フォルダに配置します。

私の環境では、一度ファイアウォールを無効してWindows Live Messengerを起動したところ、接続できるようになりました。その後ファイアウォールを有効にしますが、正しく接続できエラーは発生していません。


DCOM の問題の可能性があります。

DCOM Config (DCOMCNFG.EXE) を実行します。コンポーネント サービスのウィンドウが表示されます。

「マイコンピュータ」プロパティ-「既定のプロパティ」-「このコンピュータで分散COMを有効にする」チェックがオンになっているか確認します。
既定の分散 COM プロパティの「既定の偽装レベル」が「識別する」のときは80080005、「匿名」のときは80070005 エラーとなります。

様々な原因でこのエラーは発生します。上記の内容を確認して、いずれかの方法を試してみてください。エラーが発生しなくなるかもしれません。

初回公開: 2010-12-05T22:32:00+09:00

更新:2011-05-17T23:38:00+09:00