日別アーカイブ: 2010年11月11日

MSDTC エラー


ID 4407,4163 などエラーが発生する。Windows 2000 となっていますが Vista/7 にも関連があるようです。

Windows 2000 ベース コンピューター上のトランザクション トレースと MSDTC に接続マネージャー エラーのトレースに関する情報(http://support.microsoft.com/kb/898918/ja)

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\MSDTC にキーを追加します。

comexp.msc[コンポーネント サービス] 「コンソールルート」-「コンポーネントサービス」-「コンピュータ」-「マイコンピュータ」-「COM+ アプリケーション」を選択したときにエラーが発生していましたが、レジストリを変更したところ発生しなくなりました。

さらに診断トレースを有効にするには

Windows Vista ベースのコンピューターに MS DTC の診断トレースを有効にする方法
http://support.microsoft.com/kb/926099/ja

この文章を参考にレジストリを変更、追加しました。

[FIX]、分散トランザクション コーディネーター サービスのセキュリティ設定が既定の設定に戻す (http://support.microsoft.com/kb/918327/ja)

この文章を参考に 「コンソールルート」-「コンポーネントサービス」-「コンピュータ」-「マイコンピュータ」-「Distributed Transaction Coordinator」-「ローカル DTC」プロパティの設定を行います。

x64 の場合は HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\MSDTC に同様に追加します。

winsxs


Windows Vista および Windows Server 2008 で、Service Pack および修正プログラムの適用後にブート パーティションの使用領域が増加する
http://support.microsoft.com/kb/973016/ja

Windows Vista Service Pack 2 展開ガイド
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dd335037(WS.10).aspx

Windows Component Clean Tool (COMPCLN)

アーカイブされたファイルを削除します。ディスク容量が増えますが、Service Packのアンインストールができなくなります。
%systemroot%\winsxs\ フォルダーのファイルを直接削除してはいけません。

HHCTRL イベント


こちらの情報を元にレジストリを変更したところ、エラーが発生しなくなりました。

[MS05-026] HTML ヘルプの脆弱性により、リモートでコードが実行される
http://go.microsoft.com/fwlink?LinkID=45840
http://support.microsoft.com/kb/896358

x64 の場合は HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\MSDTC\Tracing\ に同様に追加する必要があります。