I-O DATA WMX-U01


2010-03-17 付けでWMX-Uシリーズ ファームウェアアップデータ バージョン 1.06が公表されているので WMX-U01 のアップデートを行いました。
アップデートを行う前は I-O DATA WMX-U Series WIMAX Adapter #2 と表示されていたのですが、アップデート後は #2 の部分が表示されなくなりました。
WMX-U01はほかのWiMAX機器に比べてCPUに負荷が掛かり、デュアルコアでも50パーセント程度となります。本体はかなり熱くなります。WiMAX内蔵の物と比べると感度も悪いそうです。
いろいろな場所で試してみましたが、下りの通信速度は最高で12Mbps、電波の弱いところでも2.5Mbps程度となります。CPUもデュアルコアで50パーセント前後と高負荷となります。
アンテナから1kmから3kmの距離で利用できます。建物の内部では窓際から離れると急に電波が弱くなります。2GHz帯のCDMA方式の携帯電話と比べても減衰しやすく、エリア内であっても圏外になることも。

投稿日: 2010年10月20日 | カテゴリー: Computer, Wireless | パーマリンク コメントする.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。